タトゥーでタトゥーを消すという発想。シンガポール発、大胆すぎる「ブラックアウト」

一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんです。信じられる?

洋服を着ているような
真っ黒ベタ塗りタトゥー

言うまでもなく、これはペインティングではなく皮膚に直接彫り込んだ本物のそれ。シンガポールのタトゥーアーティストChester Lee氏による「Blackout(ブラックアウト)」が、いま世界中のタトゥーユーザーから注目を集めています。

さらに、ただベタ塗りをしている訳ではありません。一様に美しくデザインされたものなのですが、私たちのよく知るカラフルなデザインや文字をあしらったものとはまったく異なる意匠、ですよね?

じゃあ、ポイントやアクセントとしてのデザインとは一線を画す、このビジュアルインパクト大なブラックアウトが新たなタトゥーのトレンドになるのかと言えば、どうやらそういう訳でもないようです。

目的は、タトゥーで
タトゥーを隠すこと

じつは、この黒ベタ。オシャレ目的のほかに、もうひとつ大事な役割があるんだとか。

上の写真の女性の肩口から背中にかけて、よく見れば、タトゥーの上からブラックアウトを新たに施しているのが分かりますか?そう、これまで身に着けてきたデザインに飽きてしまったり、やむを得ない理由でそれを消したい人たちが、タトゥーを見えなく(ブラックアウト)させることが真の目的なんです。

高額なレーザー処置でタトゥーを消すのではなく、それを覆い隠すために真っ黒にしてしまうとは。タトゥーをカルチャーやおしゃれと受け止めるには、いまだ寛容とは言い切れない日本人からしてみれば、この大胆すぎる発想に付いて行くのがやっとだったり?

Licensed material used with permission by Chester Lee, Oracle tattoo Singapore, oddtattooer
他の記事を見る
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。インスタのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。きっと彼の名前の由来...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
一筆書きをタトゥーにトレースする、Mo Ganji。動物や人の顔など様々なものを対象にした画を彫り、これまで数々のメディアに取り上げられるなど、知名度を上...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...