ウチの子の「ペタッ」が、世界で1番可愛いタトゥー。

仕事中も旅行中も、出来ることなら“ウチの子”をいつもそばに連れていたい。

愛犬家がわんこのタトゥーをいれるのはめずらしくないハナシ。自分とのツーショットや、誕生日や名前を体の一部にすることで、愛おしい気持ちがずっと心をあたためてくれるから。

#pawtattoo
世界で1番カワイイ「肉球」

まだプニプニで傷ひとつなかった小さかった肉球が、少しづつ立派になっていくのをずっと見守り、この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。

最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の足跡をデザインにして、彫ってもらう人が増えているみたいです。

カラフルな絵の具でペタペタ。グラデーションや跳ね具合まで、完璧な再現です。

本当に踏まれた後のように、地面を再現したデザインも。

なかには、そろそろお別れが近かったり、最近亡くなってしまったわんこの足跡を、体に残す人も。

わんこほどではないですが、愛猫家の間でもブーム拡大中。

あぁ〜、カワイイッ…!

本物の足跡は、イラストのように形は整っていないし、毛が長い子だとかすれて上手く映らないときもある。でも、コレがいいんですよね。

Licensed material used with permission by Dream ink color, @peterharren
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
茹でてクタクタになった素麺が激変!
もし、愛犬が彼らの方法で「大好きだよ」って伝えているのに、全然わからなかったら悲しいですよね。あなたが気付いていないかもしれない犬の愛情表現を「BarkP...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
愛犬の仕草や、表情の意味を知りたいと思ったことはありませんか?ここで紹介するのは「Little Things」で掲載された、犬の愛情表現をイラストで表した...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...