世界を魅了する「一筆書きタトゥー」

昔、一筆書きで何が描けるか挑戦したことありませんでしたか?人の顔だったり迷路だったり。対象物が何であろうと、上手に書けたときは達成感を感じたのではないでしょうか。

そんな一筆書きをタトゥーにトレースしたのが、Mo Ganji。動物や人の顔など様々なものを対象にした画を彫り、これまで数々のメディアに取り上げられるなど、知名度を上げています。

ベルリンを拠点としているタトゥーアーティストですが、彼に彫ってもらおうとわざわざアメリカやスコットランドから訪れる人もいるのだとか。

ちなみに彼が一筆書きのタトゥーにこだわる理由、それは「すべてはひとつのものから派生しているという物事の本質を表現したいから」なのだそう。

現在約40万人ものフォロワーを擁するInstagramには、多くの一筆書きタトゥーが公開されています。こちらもチェックすると、独自性溢れる彼の世界観に魅了されるかも。

© 2019 Mo Ganji/Instagram
© 2019 Mo Ganji/Instagram
© 2019 Mo Ganji/Instagram
Top image: © 2019 Mo Ganji
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
MambotattooerさんのInstagramに載っている作品は、ポップなものばかり。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...