世界初、3Dプリントされた「生きてるタトゥー」

まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。

なんでも、ただのインクではなく生きたバクテリアを使った特殊なインクで描かれているようで、ある条件下で、この枝のような模様が光るようプログラミングまでされてるだって?

外気に合わせてデザインが変わる!?

まあ、光るシール型タトゥーと言っちゃえばありがちなアイテムですけど、「微細な生物が外気や皮膚の調子を察知して模様を変動させる」と、開発したMIT(マサチューセッツ工科大学)。

8062df27dff17e10842123f89bf423a15acda10c

枝の形を描くインクは、バクテリアとバクテリアが生きるための水分と栄養素を混ぜて作られたもの。バクテリアには、ある化学的刺激を受けた際に光ったり、色が変わるようにプログラミングがされています。

開発チームは、生きた細胞が様々な刺激に対応する性質を、遺伝子工学的に操作できるよう、3Dプリントを使用する方法を思いついたと言います。もともと哺乳類動物の細胞を用いた実験を予定していましたが、細胞の構造上ほとんど成功しなかったため、バクテリアを用いることにしたんだとか。

E14265225fcfc06d9b9b324e6aaa75bafc60ac03

「この新しいインク配合が非常にうまく機能し、1つの機能につき約30マイクロメートルの高解像度で印刷することができた」と、チームディレクター趙氏。

細胞と細胞の間に互換性を持たせ、例えば、ある細胞が別の細胞からある種のシグナルを受け取ったときにのみ、それらの細胞が点灯するようにプログラムまで。現段階ではまだ「光る」「色が変わる」といった程度の出力のみですが、今後研究が進めば、生体コンピューターの開発にも繋がってくるかもしれない、というかなり革新的な発明のようですよ。

SFの世界でしか見ることのない、身体に埋め込む生きたコンピューターが、今後の研究によって完成する可能性もあるかも?そうなると体調の管理や病気の予防など、技術革新の恩恵を大いに受けられるようになるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by MIT
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
約5,000円から支援可能です。
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...