ベッカムのタトゥーが、児童虐待にストップをかける。

デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言います。幸せであたたかい特別な思い出を残すため、自らの意志で刻み込んだものなのです。

このベッカムのタトゥーをモチーフに「世界中の子どもたちを救おう」という動きがあるんです。

世界中で5分にひとりの
命が奪われている

世界には、暴力によって身体に望まない傷跡を残されてしまう子どもたちがたくさんいます。自宅や学校、所属するコミュニティ、ときにはネット上で暴力を受けた子どもたちの傷は、生涯消えることはありません。

ユニセフが公開した動画では、ベッカムのタトゥーが動き出し、子どもたちに対する暴力シーンがアニメーションで描かれています。

子どもへの暴力は世界的な問題になっていて、5分にひとりの子どもが暴力によって命を奪われている、と言われています。そして、その数よりもっと多くの何百万人という子どもたちが肉体的、精神的、性的な虐待を受けているのです。

動画には、ベッカムのこんな言葉が綴られています。

「Violence against children marks them forever. It's wrong, End it.」

(暴力によって子どもたちが負う傷は、永遠に残り続ける。それは絶対に間違っているし、終わらせなければならない)

「子どもたちが
暴力に耐える必要はないんだ」

そんなベッカムは、2015年2月に「デビッド・ベッカム・ユニセフ・ファンド」を立ち上げています。

「昨年、私はユニセフの活動でカンボジアを訪れ、子どもたちに会いました。そこで彼らは自分たちが受けた暴力について話してくれました。その内容はとても衝撃的で、そして暴力が子どもたちに与える影響は永遠に消えることがない、ということを知ったのです。

子どもたちは本来、暴力に耐える必要なんてありません。しかし、世界中のあらゆる地域、家庭、学校、街頭で子どもたちは暴力に苦しんでいます。私はこのプロジェクトがこの重要な問題に注意喚起し、多くの人の行動を促すことを願っています」

動き出すタトゥーを見て、あなたはどんな思いを抱くでしょうか?

Licensed material used with permission by UNICEF
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
NFLチーム「ニューヨーク・ジャイアンツ」でワイドレシーバーとして活躍するオデル・ベッカム選手は、アメフト界で世紀に一度の天才と呼ばれているほどのスーパー...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
虐待と聞くと、つい「肉体的な攻撃」をイメージしてしまうけれど、「I Heart Intelligence」の記事によると、その考え方では不十分らしい。ここ...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...