指1本だけにマニキュアを塗る男性。その悲しい理由とは?

いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?

そこには、悲しい理由があることがわかった。

「児童虐待」への
悲しいメッセージ

18歳未満の子ども、
5人に1人が虐待被害

『Polished Man プロジェクト』と呼ばれるこの活動は、オーストラリアに拠点を置く非営利団体YGAPによって毎年10月に行われており、今年で3年目になる。男性が1本の指にマニキュアを塗ることで、児童虐待防止へのメッセージを発信しているのだ。

マニキュアを塗るというアイデアは、YGAPのCEOであるElliot Costello氏の経験による。

彼がカンボジアを訪れたとき、8歳の少女に出会った。彼女は父親を亡くし、他の家族や親戚にも引き取ってもらえず、施設に入れられていた。しかしそこで2年間、彼女は施設の職員から身体的、性的な虐待を受けていたのだ。

彼女はCostello氏のとなりに座り、彼の1本の指に、青いマニキュアを塗った。

Costello氏はそれ以来、彼女のことを忘れないよう、指にマニキュアを塗る活動を続けている。

残念ながら、Costello氏がカンボジアで出会った少女の例は珍しい話ではない。YGAPによると、世界では18歳未満の子供の5人に1人が虐待を受けている。

こうした悲しい事実を失くすためには、援助が不可欠である。

「指にマニキュアを塗っていれば、理由を聞かれるでしょう。そこから児童虐待の話題が広がり、寄付につながります。マニキュアを塗るあなたの活動が、子供たちを虐待から守り、防ぐことにつながるのです」

と、Costello氏は語る。

オリンピックの金メダリストや俳優など、多くの著名人もこの活動に参加しており、今後もさらなる広がりを見せそうだ。

Licensed material used with permission by POLISHED MAN
andmore
他の記事を見る
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
3月14日、オーストラリアのニンビンという村で、2人の男性が口論をした末に片方が矢を放ちました。そして、被害者にあたる男性の命を救ったのはスマホ。
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
先日、シュノーケリングをしていた男性がシロナガスクジラに飲み込まれそうになったというニュースがネットで拡散しました。男性は無事脱出することができましたが、...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...