指1本だけにマニキュアを塗る男性。その悲しい理由とは?

いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?

そこには、悲しい理由があることがわかった。

「児童虐待」への
悲しいメッセージ

B45a81c44ab39a880e7d06c8787c9794615138bb

18歳未満の子ども、
5人に1人が虐待被害

『Polished Man プロジェクト』と呼ばれるこの活動は、オーストラリアに拠点を置く非営利団体YGAPによって毎年10月に行われており、今年で3年目になる。男性が1本の指にマニキュアを塗ることで、児童虐待防止へのメッセージを発信しているのだ。

マニキュアを塗るというアイデアは、YGAPのCEOであるElliot Costello氏の経験による。

彼がカンボジアを訪れたとき、8歳の少女に出会った。彼女は父親を亡くし、他の家族や親戚にも引き取ってもらえず、施設に入れられていた。しかしそこで2年間、彼女は施設の職員から身体的、性的な虐待を受けていたのだ。

彼女はCostello氏のとなりに座り、彼の1本の指に、青いマニキュアを塗った。

Costello氏はそれ以来、彼女のことを忘れないよう、指にマニキュアを塗る活動を続けている。

2ed15bbfb2b2e883a2df920667c834af67ce0a65

残念ながら、Costello氏がカンボジアで出会った少女の例は珍しい話ではない。YGAPによると、世界では18歳未満の子供の5人に1人が虐待を受けている。

こうした悲しい事実を失くすためには、援助が不可欠である。

「指にマニキュアを塗っていれば、理由を聞かれるでしょう。そこから児童虐待の話題が広がり、寄付につながります。マニキュアを塗るあなたの活動が、子供たちを虐待から守り、防ぐことにつながるのです」

と、Costello氏は語る。

オリンピックの金メダリストや俳優など、多くの著名人もこの活動に参加しており、今後もさらなる広がりを見せそうだ。

5a3a0ea5fb4dd04d83f8f84300ab117149481403
Licensed material used with permission by POLISHED MAN
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
買い物をするときの判断軸になる、品質と値段。でも、安くて品質も担保されているもののウラには、必ず「理由」があります。この動画は、フェアトレードを促進する「...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
Dani Clodeさんが立ち上げたのが『The Third Thumb Project』。小指の奥の新たな指……違和感すぎてクスッと笑ってしまったのだけ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...