知られざる「オーストラリア史のタブー」に切り込んだ地図

オーストラリアには、これまでほとんど明るみにされていない負の歴史があるらしい。18世紀頃にイギリスの流刑地とされたこともあり、同国には多くの罪人や移民がやってきたのだが、彼らによって先住民たちが虐殺を受けたというのだ。極めて秘密裏に行われていたため公にされることはほとんどなく、オーストラリア史の中でもアンタッチャブルな存在として扱われているという。

このたび、そんな同国のタブーに、ある大学が切り込んだ。

秘密裏に行われた虐殺を
認知する貴重な一歩に

D92fdee7a05fbd471efd611f6317d3c9474577eb

ニューカッスル大学が制作したのは、18世紀から19世紀にかけて国内で発生した先住民の虐殺をデータ化したサイト。オンラインマップには、いつ、どれくらいの人が殺害されたかが明記されている。

制作にあたって、同大学のLyndall Ryan教授は、 21世紀人文科学センター、暴力史センターと協力。先住民虐殺の歴史を「隠された触れるべきでないもの」としないため、日記や新聞記事を参考にしながら、このマップを作り上げたのだそう。

39a7ec1f39bde14da2370f148b16243c7039234d

このサイトでは、1838年5月1日に、300人の先住民がスローターハウス川沿いで、剣やピストルで武装した15人の牧場労働者に殺害された、などの情報を読み取ることが可能だ。

「クイーンズランド州からタスマニア州まで、東部のほぼ全てをマッピングしたところ、約150人が虐殺されたことを確認しました。特に1850年頃が激しかったと推測できます。

現在記されている人数は控えめに見積もったもの。まだまだ数多くの被害者がいるのではないでしょうか」

と同教授は説明している。

Licensed material used with permission by Centre For 21st Century Humanities
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
オーストラリアに暮らす先住民にとって、聖地と考えられてきた「ウルル」。通称「エアーズ・ロック」。ここへの登山は、2019年から禁止されました。この記事では...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。そこにまっすぐに切り込...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...