爆発で見る人類1,000年分の「戦火」。5分間に集約された記録動画

人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメージ化した内容となっている。

人類の歴史は、
戦争の歴史そのもの

スクリーンショット 2015-09-20 12.55.10

制作者のJordi Colomer氏によると、この動画は『Wikipedia』の「List of Battle」をもとに制作された。爆発、さらには白字で表記されたキャプションの大きさは、そのまま戦争による死傷者の数を表している。
ちなみに、戦火の大半がヨーロッパを中心に起きているのは、「Wikipediaの言語情報による偏りによる影響」だとColomer氏は指摘する。将来的に他言語のWikipediaからも情報を収集し、この動画を“完全版”とするのが当面の目標なんだそう。

破壊と再生、人類の1,000年分の戦いの歴史が、わずか5分に集約されている。BGMに使用されているリヒャルト・ワーグナーの『ワルキューレの騎行』の勇猛さが、断続的な爆発のなか、妙に恐ろしく聞こえてはこないだろうか?

戦火は徐々に広範囲へ
そして…二度の世界大戦

スクリーンショット 2015-09-20 12.25.04

最初の大きな戦火は1071年、現在のトルコ・アナトリア半島で勃発した、東ローマ帝国とセルジューク朝の戦闘「マラズギルトの戦い」。

スクリーンショット 2015-09-20 12.28.15

チンギス・ハーンの孫フレグ率いるモンゴル帝国とイスラム帝国アッバース朝による「バグダードの戦い」。モンゴル帝国によって、バグダードは壊滅。メソポタミア文明・イスラム文明が築いた多くの文化遺産が消失した。

日本で小規模ながら爆発が頻発するのは、いわゆる戦国時代と呼ばれる1400年代後半から1500年代後半にかけて。

スクリーンショット 2015-09-20 12.52.46

1800年代に入ると、次第に戦火は世界中へと飛び火。そして1914年から18年にかけての「第一次世界大戦」。さらには1939年からおよそ6年に渡った「第二次世界大戦」、2度の大戦では、ユーラシア大陸が爆発の連鎖で地図が見えなくなるほど。

制作された2008年を最後に、この動画は終わりを迎えている。しかし、その後もイスラエルのガザ紛争(2009年)、さらには終わりの見えないシリア内戦(2011年〜)、長期化する中央アフリカでの紛争など、今なお睨み合い、銃弾が飛び交い、緊張の解けない地域があることだけは忘れないでおきたい。

Licensed material used with permission by Jordi Colomer

先月、「Human Reproduction Update」に発表されたある研究結果に、男である自分も他人事とは思えなかった。科学者たちが突き止めたのは、...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
独断と偏見でピックアップしました。
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
この100年間、世界人口は増加を続けてきた。あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
現在、地球の人口は約74億人。このまま、人口は増え続けていくのでしょうか?それとも、減っていくのでしょうか。資源を奪い合う戦争を起こさなければならないのか...
「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...