【悲報】人類は、8月13日に「地球上の資源」1年分を使い果たしていた。

去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能な環境資源を、人間の需要が使い果たす日のことを指す。つまり、今この時点ですでに、地球への借金生活が始まっているわけだ。

shutterstock_203656804

これは、環境問題の国際シンクタンク「Global Footprint Network」が、独自に算出したもの。自然環境保護団体と協力し、経済活動が地球生態系の許容範囲内で行われるよう、持続可能な利用を呼びかけている。その一環として、毎年発表しているのがアース・オーバー・シュート・デーだ。
自然界から供給される野菜や果物、肉、魚、木材、衣類用の綿にいたるまで、それら地球の資源を使い果たすと、あとは未来の資産から、貯金を切り崩しながら利用していくほかない。
2014年は8月19日、2011年は8月27日、2000年は10月だったというから、年々、人類の浪費は激しさを増していることが分かるだろう。

earthovershootday1509231

ところで、人類が赤字傾向に陥ったのは1970年頃。「当時は12月の最後の数日間でアース・オーバー・シュート・デーを迎えていた」と、「IFLScience 」の記事は伝えている。

「70年代初頭より、人類の消費量が自然界の生産能力を上回り、現在、その量は当時の2倍を超えています。年間を通して、我々は地球約1.6個分を消費してしまっている現状なのです」

毎年、区切りの日を算出しているGlobal Footprint Networkの責任者Mathis Wackernagel氏は、こう危機感をよせる一方、世界中で議論が続く「石炭、石油、天然ガスなど化石燃料の段階的抑止が実現すれば、資源の浪費に歯止めがかけられる」と持論を展開。

 earthovershootday150820-05

Global Footprint Networkとパートナーシップを組む、世界自然保護基金(WWF)の試算では、2050年までに世界の人口はおよそ97億人に達する見込みだ。食物、水、エネルギーの需要も当然ながら倍増すると予想される。ただし、「先行きが暗く絶望的だという訳ではない」とWWFは見ている。
例えば、ソーラーパネルの普及・設置、農場での農薬や合成肥料の使用削減、さらにはサステイナブルな商品開発など、未来を見越して原資に手をつけずに、我々が生活するためのアクションは少なくない。

Reference:IFLScience , Global Footprint Network , WWF

 

世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Kanye Westの『Runaway(Extended Video Version) ft. Push...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
この100年間、世界人口は増加を続けてきた。あと数10年で100億人突破は確実とみられている。それは、我々に多くの課題をつきつけることになるだろう。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
8月1日から販売されている、LEGOの「21318 Tree House」。2018年に同社が発表したサトウキビ由来のポリエチレン製ブロックを使っている新...
国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...