違和感たっぷりの「ピンクの小屋」が訴えること

水の都と謳われるアムステルダム。海抜がマイナスになるエリアもあるこの街では、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題。

デザイナーのStefanie RittlerとSascha Henkenは、“そのとき”のために、こんな「ライフガード小屋」を建てました。

「Waiting for Water」
水没の日に備えて

小屋にははしごが二つ取り付けられていて、ひとつは二人が並んで眠れるベッドに、もうひとつは屋上に繋がっています。

小屋の下にはタンクを敷き詰めることで浮力を確保。見た目のポップさとは裏腹に、生き残るための工夫がきちんと施されています。

ふたりは、どうしてこの不思議なライフガード小屋を作ったのでしょうか。質問すると、こんな答えが返ってきました。

「デザイナーとして、環境破壊についての問題提起をしたかったんだ。

街中に突然現れたこの小屋。今は多分、誰の目にも場違いに映るだろう。でもこれがいつか、役に立ってしまう日がくるかもしれない。そういう事実について、より多くの人が興味を持って話題にしてくれたらいいなって思ったんだよね。

一生懸命温暖化問題を語っても、届かない人には届かない。だから僕らなりに、あまり深刻になりすぎないように伝えてるんだよ」

これまでにない方法で、地球温暖化に警鐘を鳴らす彼ら。こうして日本の私たちにまで届いているという意味では、意図する通りだったんじゃないですかね。

Licensed material used with permission by Stefanie Rittler, Sascha henken
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家、ただの...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...