科学者らが「北極の氷」を再凍結するためのプランを発表

地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。

そんな問題を解決するため、科学者たちが新たに立ち上げたプロジェクトは、北極の氷を「再び凍らせる」というもの。

「再凍結」で
17年分を取り戻す?

アリゾナ州立大学の地球宇宙探査班(SESE)のSteve Desch教授を中心とした研究チームは、北極圏の「再凍結」計画を2016年の年末に公開。この論文では、大量の風力ポンプを設置し、海水をスプレーすることで氷を厚くする方法が提唱されています。

研究チームは、氷がどのように凍結するかを徹底して調査。その結果、冬期の夜間に1.4メートルの海水を汲み上げれば、ひと冬の間に約1メートル厚の氷を生産できると計算しました。

氷が1メートル厚くなれば、温暖化の影響を17年分ほど巻き戻すことが可能なのだそう。つまり「2030年には温暖化の影響で全ての氷が溶ける」とも言われる現状を打破できる可能性があるのだとか。

ちなみにどのくらいの
風力ポンプが必要なの?

まず、北極海の面積は約107平方キロメートル。この全面積の10%にスプレーを撒くためには、大量の風力ポンプが必要で、その数はなんと約1千万個。

ひとつの装置に必要な風力タービンの大きさは、1個につき直径約2m。その重量は4tにもなります。さらにこれを浮かせておくために必要なブイはほぼ同じ重量。全体としては、装置ひとつあたり10t近い鉄が必要になると試算されています。

このプロジェクトを進めるために必要な予算は、約5,000億ドル(約57兆円)とも算出されていて、さすがに一国が負担できる額ではありません。世界各国の政府が分担して資金調達することを想定しています。

圧倒的なプランは
圧倒的な破壊の埋め合わせ

ここまでの内容を読んで、みなさんはこの計画についてどう考えるでしょうか。途方もない、現実的ではないプランだと批判する人も多いはず。

しかし、Desch教授はこのように語ります。

「このプロジェクトは壮大で、今のところ実現は夢のような話です。しかし、地球を破壊してきたのは、他ならぬ人類です。もしこの計画が狂気に聞こえるとしても、今こそ私たちは、この計画を現実のものとするために歩みを進めなくてはならないのです」

「氷の回復」という壮大すぎるこのプランですが、確かによくよく考えてみると、回復にこれだけの規模のプロジェクトが必要になるということは、同じ規模の破壊が行われたということでもあります。

人間の手によって壊されたものは、人間の手によって取り戻すべき、というひとつのメッセージなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Steven Desch
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。
肌トラブルの原因になりやすい化学繊維や化学的加工を一切施さず、オーガニック100%のコットンを使用したこのマスクは、肌に優しく吸水性にも優れ、暑くて蒸れや...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
グリーンランドで撮影された写真です。6月〜8月は融解する時期みたいで、たまたま氷の表面に溶けた水がある状態になっていたそう。
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいるヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善しようと試みる。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
これは、ICPP(国連気候変動に関する政府間パネル)が2014年にまとめた、第5次評価報告書で述べられている「氷河損失の最悪のシナリオ」とほぼ一致すること...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
北極圏・ノルウェー北部にあるスヴァールバル諸島では、大きなシロクマの姿を見かけるのは珍しいことではない。が、フォトグラファーの「Kerstin Lange...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...