気候変動を信じない人に向けた「観光ポスター」

グレタ・トゥーンベリが始めた気候変動の注意喚起をおこなう学校ストライキ「FridaysForFuture」は、どんどん存在感を増しており、今や世界規模のムーブメントになっている。

とはいえ、気候変動に対して懐疑的な人が多数いるのも事実。そんな人に向けて、「FridaysForFuture」とロサンゼルスの広告制作会社「FF Los Angeles」がタッグを組み、強いメッセージ性のある観光ポスターを制作した。

「You don’t believe in global warming? How about local warming?(地球温暖化を信じませんか? それなら、地域温暖化はどうですか?)」という言葉を添えて。

想像に難くないが、ポスターで描かれているのは気候変動が進んだ後のカリフォルニアやベネチアの様子だ。

同じ画像が投稿されたSNSには、 グレタや「FridaysForFuture」を支持する人たちから賞賛のコメントが集まっている。

Top image: © FF Los Angeles
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...