大雪の日だからこそ、「暑〜い」話をするべきなんです。

今日は、東京周辺でも大雪警報が発令されたほどの悪天候ですね。

気象庁の発表によれば、昨年末あたりから“ラニーニャ現象”が発生しているようで。詳細を省いて、その影響をカンタンに言うならば、日本海側では雪の日が多くなるそうです。ちなみに、関東地方の悪天候の理由は、黒潮蛇行によるもののようですが。

話が脇道にそれてしまいました。

ここで言いたいのは大雪の理由ではなくて、ラニーニャ現象が冬季に起きたら、気温が下がりやすいということ

…にもかかわらずです。去る1月18日に、NASAが通常の予測とは異なるようなデータを発表しました。

2017年は◯◯がなかったのに
観測史上2番目に暑い年

NASAの発表内容を理解するうえで、大切なことになるので繰り返し言いますね。ラニーニャ現象が昨年末から発生しているので、気温が下がりやすいはずなんです。

なのに、2017年はNASAの観測史上、2番目に暑い年だったそう。加えて、気温を高めると言われている“エルニーニョ現象”は、発生していません。例えば、歴代3番目に暑い2015年と、1番の2016年では、この自然現象が要因となって、平均気温を引き上げたのだとか。つまり、単純に2017年の気温は高かったということ。

先の結果から推測できるのは、「人為的なものが理由となって、地球温暖化が加速している」という現実。

そう考えると、晴れの日を素直に喜んで良いのかどうかに迷ってしまいますが、2018年の気候変動を見据えて、環境問題を改めて意識しなおすべきなのかもしれません。

Reference:気象庁
Licensed material used with permission byNASA
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
7月12日から、パリのカルティエ財団現代美術館の敷地内で展示されている「Symbiosia」。アーティストThijs Bierstekerさんが手がけた、...
「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいるヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善しようと試みる。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...