走れば走るほど、空気を綺麗にする「タイヤ」

自然界のイイところを商品開発に取り入れるのが上手なタイヤメーカー、「Goodyear」。

今月発表したのは、生きるタイヤでした。

光合成を利用して
酸素を生み出す

「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。

端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙い。

また、タイヤに搭載されているAIが、道路上の水分を吸い上げ、苔にとってベストな環境を整えることで、その成長をサポートするシステムもあるのだとか。

そして、自家発電ができるというスペックも。

自分でエネルギーを作り、生活環境を整え、呼吸をしながら成長する。まるでタイヤに命を吹き込んだような開発です。

これまでタイヤメーカーの環境問題に対するアプローチは、低燃費タイヤの生産とリサイクルの推進という2つがメインでした。

だけど、「Goodyear」が始めようとしているのは、第3の道になりうるのかもしれません。

ちなみに、パリを走る250万台の自動車に「Oxygene」を履かせたら、苔は4,000トン以上の二酸化炭素を吸収し、だいたい3,000トンの酸素を生み出すそうです。

Licensed material used with permission by Goodyear
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの追加種目に選ばれた「BMX」の「小さなタイヤ」の謎に迫ります。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...