走れば走るほど、空気を綺麗にする「タイヤ」

自然界のイイところを商品開発に取り入れるのが上手なタイヤメーカー、「Goodyear」。

今月発表したのは、生きるタイヤでした。

光合成を利用して
酸素を生み出す

「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。

端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙い。

また、タイヤに搭載されているAIが、道路上の水分を吸い上げ、苔にとってベストな環境を整えることで、その成長をサポートするシステムもあるのだとか。

そして、自家発電ができるというスペックも。

自分でエネルギーを作り、生活環境を整え、呼吸をしながら成長する。まるでタイヤに命を吹き込んだような開発です。

これまでタイヤメーカーの環境問題に対するアプローチは、低燃費タイヤの生産とリサイクルの推進という2つがメインでした。

だけど、「Goodyear」が始めようとしているのは、第3の道になりうるのかもしれません。

ちなみに、パリを走る250万台の自動車に「Oxygene」を履かせたら、苔は4,000トン以上の二酸化炭素を吸収し、だいたい3,000トンの酸素を生み出すそうです。

Licensed material used with permission by Goodyear