東欧でさえも、テクノロジーは日本より進んでいると思った。

ヨーロッパの先進国と言われたら、きっと多くの人がイギリスやフランス、オランダといった国々を思い浮かべるでしょう。

もちろん間違いではありませんが、近年は旧共産主義であった東欧諸国も目覚ましい進化を遂げています。

これをよく理解できるのが、テクノロジーの発展。

1つの代表例として、ハンガリーのスタートアップ「Platio」の活動を紹介しましょう。

テクノロジーを受け入れる
「スピード感」

Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチです。

これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるかもしれません。

だけど、すでにブダペストの街中に置かれていて、その地に暮らす人や観光客が使っているとのこと。

つまり、特筆すべきなのは新たなテクノロジーを受け入れるときのスピード感

さらに、彼らの技術はカザフスタンの首都アスタナでも採用されているそうです。ドイツやオランダでも講演をしていて、新たな風を吹き込もうとしている真っ最中なんだとか。

と考えると、日本よりもスピーディーにテクノロジーを受け入れ、実践し、輸出する力があるのかもしれません。(そのクオリティは別の機会に話すとして…。)

ハンガリーの代表例でひとえに東欧諸国を語ることは不可能と承知の上ですが、どこか日本よりも進んでいるポイントもあるのではないでしょうか。

ちなみに、「Platio」は同じ要領で電気自動車のバッテリーを充電する技術も開発し、すでにそのサービスを始めているそうですよ。

Licensed material used with permission by Platio
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...