なぜ、「日本のテクノロジー×スペインのデザイン」は勝利の方程式なのか?(前篇)

私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Design」というプロジェクトを行なっています。

なぜか?

日本のテクノロジーとスペインのデザインを掛け合わせることで、新しいシナジー効果が生まれるからです。

日本企業は、モノづくりという形ある物の価値を創ることを得意としています。例えば、トヨタ、日産、ソニー、パナソニック、アシックス、TOTOなど、世界的な日本企業はどれも製造業です。

しかし、日本企業は一般的にブランディング、マーケティング、コミュニケーションといった無形の価値創りに課題を抱えています。

一方スペインは、ファッション、アート、観光、ガストロノミー、スポーツ、教育といった無形の価値創りが得意。

ソフィア王妃芸術センター、プラド美術館、グッゲンハイム美術館は、世界を代表する美術館。LOEWEやZARA、CAMPERいったファッションブランド。IE Business School、IESE、ESADEは世界でもトップクラスのビジネススクール。FCバルセロナやレアル・マドリードは世界トップのスポーツクラブ。El Bulli、Etxebarri、DiverXOは予約を取るのがほぼ不可能なほど人気な世界的レストラン。

このように、お互いの例は枚挙にいとまがありません。

5494965656354816

残念なことに、世界での日本企業のプレゼンスは徐々に、そして確実に下がっています。

いま世界を賑わせているのは、欧米企業ばかりです。これまで日本のお家芸であったモノづくりでさえ、Apple、Tesla、GoProなど、海外勢の躍進は目覚しいものがあります。

最近、日本の自動車や家電が海外市場で苦戦しているのも周知の事実です。日本経済は2012年から2015年にかけてGDPが大きく下がり、2000年代前半の水準にまで落ち込みました。これは先進国の中で唯一日本だけです。

こうした国内における深刻なイノベーション不足に対して、日本企業による海外企業買収は2015年から2017年で30兆円を越え、1800社以上の海外企業を買収しています。

しかし、ここで一つ根本的な疑問が浮かび上がります。海外の企業を買収することが根本的な解決策になるのでしょうか?

日本企業は既に世界トップレベルのテクノロジーを持っています。しかし、残念なことにこうした企業の多くが、現代の文脈を踏まえてテクノロジーの価値を世界に発信できていないと思います。

これは、ただ単に日本企業がマーケティングやブランディングが不得意だということではなく、テクノロジーの価値を経済的な価値に最大限変換することが出来ていないためです。

例えば、フェラーリ「458 Italia」と日産「GT-R」はほぼ同等のスペックとパフォーマンス(いくつかのスペックではGT-Rのほうが優れている)にも関わらず、価格ではフェラーリが2倍以上もします。

これは日本のテクノロジーがイタリアより劣っているといった次元の話ではありません。日本企業は無形価値を創り出すことが上手く出来ていないために、テクノロジーの価値を経済的な価値に転化しきれていないのです。

そしてこれは、様々な業界で見られます。どれだけ素晴らしいテクノロジーを持っていても、その価値を経済的な価値に転換出来なければ、海外企業を買収したところで日本のテクノロジーが持つ価値は一向に上がりません。

こうした状況を目の前にした時、「Japanese Technology Meets Spanish Design」のアイデアが湧き出てきました。

日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、前者の価値を最大限に引き出し、経済的な価値に大きく転換させることで日本企業の国際的な競争力を高めるという構想です。

新しい技術も当然大切ですが、その価値を最大限に引き出せなければ同じことの繰り返し。だからこそ、今の日本企業に必要なのは新しい技術だけでなく、その価値を引き出す術だと考えています。

※後篇へ続く──。

日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?前回はミシュラン三ツ星レストランを題材にして...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...