一見謎の物体ですが、バルセロナで見つけた日本人が大好きな「アレ」

厳しい冬はすぐそこ。この季節、シャワーよりもゆっくりバスタブに入って体を芯から温めたいですよね。で、気になるのがこちら。これ、浴槽なんです。

2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変えられるのが特長的です。

とはいえ、わざわざ変えることに必要性を見い出せない人もいるでしょう。そんな人のために説明すると、実はこれ、ただのインテリア目的ではないんです。

変形を可能にすることで、お湯のムダ使いを防ぐこと(子どもやペットが入浴する際にダウンサイズすることで節約)、水槽での転落事故を防止すること、どんなスペースにも対応させることなどが狙いです。

まだ商品化はされていないようですが、大事な家族のことを考えたら、将来チャンスがあれば購入を検討してもいいかもしれませんよね。

Reference: jumpthegap
Top image: © 2017 Mohammadreza Shahmohammadi for jumpthegap® Roca International Design Contest
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
ペットのセルフウォッシュができるバルセロナの「Fresh Animals」はオープンな空間で、みんなで使えるようになっています。変わりゆく時代を象徴するひ...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。