見上げていては絶対に見逃してしまう。バルセロナ「足元の芸術」22枚

サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なアートの世界が広がっていました。

「足元の風景」が
まるでアート作品のようだった

0230b48b383b6533c3a993f620604bf8be2b570b

ドイツ人フォトグラファーのSebastian Erras氏が、バルセロナの街かどでレンズに収めていくのは足元の風景。と言っても、ただ地面を捉えている訳ではありません。19世紀初頭から20世紀にかけてつくられたタイル敷きのフロアが対象です。

たとえば教会、さらにはアール・ヌーボー様式からモダニズムまでが詰まったマンションで、色鮮やかな幾何学模様を写し出していきます。駆け足の観光旅行では、きっと見逃してしまうような文化的アイコンが、バルセロナ市内の至るところにあることを教えてくれます。

89c09ac8138802da2f7f2e8de56b211c50dff6cd9cd6f458e071ac5fa63ae2c9bf6522d30b0853a2E7722f91bbc14041438f808db2d63694b9dd1b137ee779d32fbde2600c3c5268b3170b513cd38c1f74d650c32175df7301f4a52d09bd1adda9a254df5209bec53aa313b1cc3788864ac277314a333c15C5ecb5c0337d0bffada05cecedcad7c3f9245b6aB56c4060e042de5f33c6daabf0ab182c1e6032e2D78a39138a874c0321a021f2efa1fea1232e7b9bFaef66f9a8172d6951c805f5ffa948ed3402876d633bdfd25088c930a7c104f4f1714ed177e849d84911b74388bd83c92c4a9e0bfb543d0f6e87833f26e9fe7f7ae63e741ec536cc264ca2b50ea57cd8D41da7df7351a0e90ec990d859527baecf308a169e639dc673d3dc5a996dd0b41795df748f2ec1bdC41570a9ce9a82b8edfaefd3812507b37291770aAb1f8e41982bab0f1bd3c7c7ee8c5e4fa9168c5f153b82b2043949b930c79971696142d4174fdbdeC7247136d227b66bb74a047bf81f382d9e980b64C348ff8bbf2e9ca0c57c66e32b14bc532145684459c248b37445a1b0ded369f80e7cf8666194f285D74b771fffcd662ef9e47712ebf29fbe5159b13f

さて、ここまで紹介してきたモザイクやタイルの床が実際にどこで見ることができるのか?気になりますよね。そんなときには、Sebastianさんがイギリスの印刷会社と共同で製作した、こちらのマップサイトに足を伸ばしてみるといいかも。エリアごとに、撮影されたポイントや地区の歴史など、お役立ち情報が満載。

ちなみに、こちらはパリの足元

Aad832c226086e0581f30fbbdfecb0b270ccdc48Abe23578be2c707f68725cffda3c7d2ea9cb9723B2dec29aa7d9e90ae80c532cd4af6ff958339c1083de115cec9222b7ccebedb16fc4266e390dc5de276615a40946be22e0708f5f482c60787a2ca634

生活の中にアートを取り入れた“芸術の街”パリならではの、個性豊かな足元。タイルの一枚のサイズ感やパターン、色使い、材質など、それぞれに違いがあってお国柄がよく出ていることが分かりますね。

このほか、Sebastianさんの足元シリーズは随時更新されるInstagramでチェック!

Licensed material used with permission by Pixartprinting
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るの...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
足跡ひとつない雪原を踏みかためて図柄を描く「スノーアート」の第一人者。イギリス人アーティストのサイモン・ベック氏は、たったひとり10時間以上かけて、これら...
「光が変化し何か特別なものへと代わる瞬間を待っています。街や自然の景観が光とぶつかり合い、裸眼では見ることのできない幻想的な世界観をつくり出す、その瞬間を...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...