ゴッホやモナリザの名画に「足元」を加えた意外な理由とは?

ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。

これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portraits Completed」という企画。胸上から想像して加えられた「足元」は、さてあなたのイメージと合っているでしょうか?

『自画像』1889年、フィンセント・ファン・ゴッホ

『モナ・リザ』1503-1519年頃、レオナルド・ダ・ヴィンチ

ベレー帽の自画像』1898-1899年、ポール・セザンヌ

『ジャンヌ・サマリーの肖像』1877年、ピエール=オーギュスト・ルノワール

『自画像』1660年、レンブラント・ファン・レイン

『真珠の耳飾りの少女』1665年、ヨハネス・フェルメール

『自画像』1504-1506年、ラファエロ・サンティ

『帽子の女』1905年、アンリ・マティス

名画に「足元」を足した
本当の理由

じつはこれ、靴磨きクリーム「Kiwi shoe polish」のキャンペーン広告。改めて見てみると、たしかに絵の中の人々はみんな綺麗な靴を履いています。

またポートレートのレプリカの横には、靴磨きクリームがひっそりと置かれていました。

このキャンペーンは、美術館だけでなく街中などでも展開し、さらにその絵画の歴史や画家の背景をオーディオで聞くことができるという企画も実施。

ただ見るだけでなく、名画を「体験する」という新しい試みが高い話題性と評判を呼び、世界三大広告賞のひとつである「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で見事受賞。

名画にならって、まずは「足元の靴を磨くこと」から、身だしなみを整えてみませんか?

Licensed material used with permission by Ogilvy and Mather Chicago, S.C. Johnson
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
一見ランダムに決められているような配色ですが、元になっているのはゴッホの「星月夜」。夜空や星、月を描く時に使われた色がまとめられた1本のクレヨンです。
今春、米カリフォルニア州の美術大学で、モナリザを模した絵画が展示されました。その数25点。それぞれ異なる目をしたものでした。目的は、アジア人の多様性を訴え...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
フィンセント・ファン・ゴッホが描いた「ひまわり」などの絵画をプリントしたウェアをカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」が発売中。価格はどれも3...
ちょっとワルな感じを漂わせながら街を歩くのは、かの有名な作品たち。都会に馴染むその様子を見ていると、いったいどんな性格で、どんな暮らしをしているのかを想像...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
オーストラリア人アーティスト、ロビン・エリーは、ハイパーリアリズムと呼ばれる作風の油絵画家だ。ゴッホによる名作『星月夜』をプラスチックフィルムで包んだこの...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...