ゴッホやモナリザの名画に「足元」を加えた意外な理由とは?

ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。

これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portraits Completed」という企画。胸上から想像して加えられた「足元」は、さてあなたのイメージと合っているでしょうか?

『自画像』1889年、フィンセント・ファン・ゴッホ

『モナ・リザ』1503-1519年頃、レオナルド・ダ・ヴィンチ

ベレー帽の自画像』1898-1899年、ポール・セザンヌ

『ジャンヌ・サマリーの肖像』1877年、ピエール=オーギュスト・ルノワール

『自画像』1660年、レンブラント・ファン・レイン

『真珠の耳飾りの少女』1665年、ヨハネス・フェルメール

『自画像』1504-1506年、ラファエロ・サンティ

『帽子の女』1905年、アンリ・マティス

名画に「足元」を足した
本当の理由

じつはこれ、靴磨きクリーム「Kiwi shoe polish」のキャンペーン広告。改めて見てみると、たしかに絵の中の人々はみんな綺麗な靴を履いています。

またポートレートのレプリカの横には、靴磨きクリームがひっそりと置かれていました。

このキャンペーンは、美術館だけでなく街中などでも展開し、さらにその絵画の歴史や画家の背景をオーディオで聞くことができるという企画も実施。

ただ見るだけでなく、名画を「体験する」という新しい試みが高い話題性と評判を呼び、世界三大広告賞のひとつである「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で見事受賞。

名画にならって、まずは「足元の靴を磨くこと」から、身だしなみを整えてみませんか?

Licensed material used with permission by Ogilvy and Mather Chicago, S.C. Johnson
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ちょっとワルな感じを漂わせながら街を歩くのは、かの有名な作品たち。都会に馴染むその様子を見ていると、いったいどんな性格で、どんな暮らしをしているのかを想像...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。