日本ではマナー違反!でも、アート好きには…ムフフフフ。

美術館を訪れると、有料の音声ガイドをレンタルしようかいつも迷う。じっくりと作品について語ってくれるのは、非常に嬉しいんだけど全ての作品を100%の説明で聞いていると疲れてしまう時がある。だからと言って、白い紙に細かい文字でびっしりと書かれた作品一覧表に目を通しながら進むのもなかなか面倒なもの。

「知りたいけど、自分のタイミングとテンポは守りたい」。鑑賞するのに快適さを求めるワガママな私が見つけた美術ガイドアプリ『Smartify』。芸術作品にスマホをかざすだけで、情報が取得できるアート好きにはたまらないアプリなのだ。

画像を認識すると
すぐに「説明」が表示される

Smartify user scanning Frans Hals’s The Laughing Cavalier (1624) at The Wallace Collection, London, 2017. © Smartify
Smartify user scanning Nathaniel Rackowe’s Black Shed Expanded (2014-2016), part of Sculpture in the City, 2017. © Smartify

アプリを無料ダウンロードした後に、スマホのカメラをかざすと、すぐに画像認識するので撮影する必要がなく「パシャ」という音を気にすることもない。

絵画や彫刻など各アート作品を特定できるAR技術により生み出されたSmartifyは、アメリカ・フランス・イギリス・オランダなどの世界有数の美術館でも利用可能ということ。作品のストーリーだけではなく、作者の「生い立ち」までも表示されるそうだ。

日本語版はまだ登場していないけれど、開発者に聞いてみたところ、さらなる拡大のため日本への導入も計画中だと言う。

Smartify app demonstration © Smartify

さらに、作品はその場だけで表示されるのではなく、コレクションすることもできる。これなら、美術館を出た後に気になったものを見返せて、余韻に浸りつつじっくりとアートを楽しめることができる。

いくら「かざすだけ」と言っても、厳重な管理がされている日本の多くの美術館ではストック機能の有無に関わらず、スマホをかざした時点でマナー違反として見られる可能性も。

それでも、美術好きからすると今すぐにでも試したくなってしまう。“理想のアプリ”なんじゃないだろうか?

Top Photo by Smartify user scanning Frans Hals’s The Laughing Cavalier (1624) at The Wallace Collection, London, 2017. © Smartify
Licensed material used with permission by Smartify
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
タイムマシンARカメラアプリ「Yesterscape(イエスタースケープ)」で一躍注目を集めたアプリ開発企業「QOOQ,inc.(株式会社 クオーク)」が...
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
美術館をバーチャル散歩できる「Google Art&Culture」や新国立劇場の記録映像、無料の韓国語学習ツールなど自宅でできる無料のオンラインサービス...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...