日本ではマナー違反!でも、アート好きには…ムフフフフ。

美術館を訪れると、有料の音声ガイドをレンタルしようかいつも迷う。じっくりと作品について語ってくれるのは、非常に嬉しいんだけど全ての作品を100%の説明で聞いていると疲れてしまう時がある。だからと言って、白い紙に細かい文字でびっしりと書かれた作品一覧表に目を通しながら進むのもなかなか面倒なもの。

「知りたいけど、自分のタイミングとテンポは守りたい」。鑑賞するのに快適さを求めるワガママな私が見つけた美術ガイドアプリ『Smartify』。芸術作品にスマホをかざすだけで、情報が取得できるアート好きにはたまらないアプリなのだ。

画像を認識すると
すぐに「説明」が表示される

Ac0d62eae37d88048e0c49e8486b9ee63c43bc22
Smartify user scanning Frans Hals’s The Laughing Cavalier (1624) at The Wallace Collection, London, 2017. © Smartify
47aa0a247ca3e76a0715d105ca55872cfdf22c56
Smartify user scanning Nathaniel Rackowe’s Black Shed Expanded (2014-2016), part of Sculpture in the City, 2017. © Smartify

アプリを無料ダウンロードした後に、スマホのカメラをかざすと、すぐに画像認識するので撮影する必要がなく「パシャ」という音を気にすることもない。

絵画や彫刻など各アート作品を特定できるAR技術により生み出されたSmartifyは、アメリカ・フランス・イギリス・オランダなどの世界有数の美術館でも利用可能ということ。作品のストーリーだけではなく、作者の「生い立ち」までも表示されるそうだ。

日本語版はまだ登場していないけれど、開発者に聞いてみたところ、さらなる拡大のため日本への導入も計画中だと言う。

C8a16a3a8bf24825c13df848b82e1f351b54c646
Smartify app demonstration © Smartify

さらに、作品はその場だけで表示されるのではなく、コレクションすることもできる。これなら、美術館を出た後に気になったものを見返せて、余韻に浸りつつじっくりとアートを楽しめることができる。

いくら「かざすだけ」と言っても、厳重な管理がされている日本の多くの美術館ではストック機能の有無に関わらず、スマホをかざした時点でマナー違反として見られる可能性も。

それでも、美術好きからすると今すぐにでも試したくなってしまう。“理想のアプリ”なんじゃないだろうか?

Top Photo by Smartify user scanning Frans Hals’s The Laughing Cavalier (1624) at The Wallace Collection, London, 2017. © Smartify
Licensed material used with permission by Smartify
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...