スキルがなくても、あっという間にスケッチが描けちゃう!

時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、いつもテーブルの上にあるものばかり。こんなふうに、落書きとも言えるようなお絵描きも立派な趣味と言っても良いのではないでしょうか。新しい年を迎えて、新しい趣味を始めたい方におすすめのアプリをご紹介します。

あの有名なスケッチを
自由に描いてみよう。

「SketchAR」は、絵を描くのが得意な人も、苦手な人も、簡単にスケッチを楽しめるスマートフォン用のアプリケーションです。片手にスマホを持ち、画面に表示されるお手本を見ながら、もう片方の手を使って、自由に描いていきます。

カメラをかざして、
自由に描いてみよう!

スキルがなくてもスケッチが描ける

描く場所は、スケッチブックやノートなどの紙の上でも、真っ白い壁でもOK。アプリをダウンロードして、場所を決めたら、カメラをかざして、描きたいスケッチ見本を選択します。すると、目の前の風景に、すてきなスケッチが浮かび上がるのです。(※アプリは2017年に完成予定です。)

あの有名な絵画も
模写できるのです。

スケッチでは、なめらかな線こそ、描くのがむつかしいとされています。あの有名な絵画も、全体のバランスなどをアプリがガイドしてくれるので、絵を描くのが苦手な人も、トライしやすいのではないでしょうか。

スキルがなくてもスケッチが描ける

抱き合う二人。アンリ・マティスのリトグラフは、やわらかい表情が美しい。

スキルがなくてもスケッチが描ける

ピカソのリトグラフ。幼いころから大好きだったという鳩は、ピカソにとって重要なモチーフのひとつ。

スキルがなくてもスケッチが描ける

線を追いかけるのに時間がかかりそうな、こちらもピカソの作品。描くのに慣れてきたら、ぜひとも挑戦したい作品のひとつ。

スキルがなくてもスケッチが描ける

レベル別に使い方を変えられるので、楽しみながらスケッチの技術が上達していきます。たとえ、描いたものが、自分の思いどおりにいかなくても、それもまた、味わいのひとつ。模写を超えた、あなただけの作品(アート)に生まれ変わるのです。

Licensed material used with permission by SketchAR
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...