スキルがなくても、あっという間にスケッチが描けちゃう!

時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、いつもテーブルの上にあるものばかり。こんなふうに、落書きとも言えるようなお絵描きも立派な趣味と言っても良いのではないでしょうか。新しい年を迎えて、新しい趣味を始めたい方におすすめのアプリをご紹介します。

あの有名なスケッチを
自由に描いてみよう。

「SketchAR」は、絵を描くのが得意な人も、苦手な人も、簡単にスケッチを楽しめるスマートフォン用のアプリケーションです。片手にスマホを持ち、画面に表示されるお手本を見ながら、もう片方の手を使って、自由に描いていきます。

カメラをかざして、
自由に描いてみよう!

494463d43aa14c2838709e404bbbf58d37625c90

描く場所は、スケッチブックやノートなどの紙の上でも、真っ白い壁でもOK。アプリをダウンロードして、場所を決めたら、カメラをかざして、描きたいスケッチ見本を選択します。すると、目の前の風景に、すてきなスケッチが浮かび上がるのです。(※アプリは2017年に完成予定です。)

あの有名な絵画も
模写できるのです。

スケッチでは、なめらかな線こそ、描くのがむつかしいとされています。あの有名な絵画も、全体のバランスなどをアプリがガイドしてくれるので、絵を描くのが苦手な人も、トライしやすいのではないでしょうか。

5baae27bb929ee4430936b6d376c7e336a1a21bf

抱き合う二人。アンリ・マティスのリトグラフは、やわらかい表情が美しい。

2206757b47dcdcbd2b1c1d47be0bab2b4be36341

ピカソのリトグラフ。幼いころから大好きだったという鳩は、ピカソにとって重要なモチーフのひとつ。

132feb55620e5b8947fd27e5f68a36a31b7d328f

線を追いかけるのに時間がかかりそうな、こちらもピカソの作品。描くのに慣れてきたら、ぜひとも挑戦したい作品のひとつ。

9b2389e5a46fd54c487303f9340fb7e5f3c22962

レベル別に使い方を変えられるので、楽しみながらスケッチの技術が上達していきます。たとえ、描いたものが、自分の思いどおりにいかなくても、それもまた、味わいのひとつ。模写を超えた、あなただけの作品(アート)に生まれ変わるのです。

Licensed material used with permission by SketchAR
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...