3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞台に、春・夏・秋の三期に分けて開催されます。

春会期は3月20日(日・祝)にいよいよ開幕。ここでは、その見所をピックアップして紹介しましょう。

01.
直島

「ベネッセハウス ミュージアム」「家プロジェクト」「地中美術館」などにより、現代アートの聖地として一躍有名になった直島。島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段です。レンタサイクルを利用する際は安全運転で。

ANDO MUSEUM

設計:安藤忠雄
撮影:浅田美浩

外観は古い民家の姿を残していますが、内部は打ちっぱなしのコンクリート空間。照明はなく、自然光とその影が奥行き感を与えます。

直島パヴィリオン

所有者:直島町
設計:藤本壮介建築設計事務所
写真:福田ジン

大小27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、宮浦港南側に設置。蜃気楼で海面に浮かんでいるように見える「浮き島」を表現しています。夜間は写真のようにライトアップされ、内部に入ることも可能。

02.
豊島

縄文時代の遺跡が点在する、棚田が広がる豊かな島。海山の幸に恵まれ、食に関わるプロジェクトも始まっています。ここでも、島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段

豊島八百万ラボ

施設完成イメージ
作家:スプツニ子!
提供:成瀬・猪熊建築設計事務所

アーティスト・スプツニ子!の作品が瀬戸内国際芸術祭に登場。先端科学とアートとのコラボレーションにより、新たな神話を生み出そうとする施設が誕生しました。

あなたが愛するものは、
あなたを泣かせもする
(日本フランチャイズ
バージョン)

作家:トビアス・レーベルガー
撮影:中村脩

視覚的に大きなインパクトがあるこの空間は、建物自体がまるごと作品となったレストラン。迷彩柄やストライプ、水玉などの模様が天井や床、壁、テーブルに施されています。

島キッチン

作家:安部良
撮影:中村脩

古民家や蔵を改修し、レストランやギャラリーに。地元産の魚や野菜をふんだんに使った料理が、アートと一緒に楽しめます。

03.
女木島

冬の強風に備える石垣「オオテ」に守られた島。路地のある集落をめぐり、鬼ヶ島大洞窟のある山頂を目指しましょう。徒歩が主な移動手段ですが、鬼ヶ島大洞窟へは島内バスが便利。

女根 / めこん

作家:大竹伸朗
撮影:渡邉修

休校中の小学校の中庭で展開。女木島の“女”と、「生命力」の象徴としての“根っこ”、そして本作品が女木島の人々の憩いの場として島に“根付いていくこと”への願いが込められています。瀬戸内国際芸術祭2016では、校舎入口周辺にも“大竹テイスト”が拡張。

不在の存在

作家:レアンドロ・エルリッヒ
撮影:中村脩

「見えないもの」は、足跡だけが歩いていく不思議な石庭。「二重の茶室」にある鏡には、なぜか自分の姿が映りません。

04.
男木島

平地の少ない急傾斜の島。斜面を覆う集落には、迷路のような路地があり、宝物のように作品が点在しています。島内にバスはなく、徒歩が主な移動手段。レンタサイクルも利用できますが、坂や階段が多い集落内での利用は避けるのがベター。

男木島の魂

作家:ジャウメ・プレンサ
撮影:中村脩

船で島に来た人を迎える、半透明の交流館。屋根には男木島から着想を得たワードが、8ヵ国の言葉で刻まれています。

05.
小豆島

海と山、2つの視点から島の魅力を満喫できる豊かな場所に、アジアの作家たちの作品が融け合います。島内ではバス移動が便利。レンタカーや自家用車の乗り入れも可能。

うみのうつわ

作家:長澤伸穂
撮影:高橋公人

テーマは「小豆島の成り立ち」。船の母体(うつわ)が、瀬戸内海のさざ波と呼応し、まるで呼吸しているかのように紺碧色のグラデーションに変化します。

06.
大島

長期プロジェクトが展開される、ハンセン病回復者の国立療養施設がある島。島内は徒歩移動のみ。会期中は高松港インフォメーションセンターにて申込を行ってから乗船してください。

青空水族館

作家:田島征三
撮影:高橋公人

入所者が暮らしていた寮で繰り広げられる海賊と人魚の恋物語。大粒の涙を流し続ける人魚などが観れる、回遊型のインスタレーションです。

07.
犬島

近代化産業遺産である製錬所の煙突がそびえ立つ島。作品と風景を同時に楽しめる、犬島「家プロジェクト」を展開。島内は徒歩移動のみ。

犬島精錬所美術館

作家:柳幸典
撮影:
阿野太一

わずか10年で操業を終え、廃墟と化した銅の製錬所が美術館として再生されました。建築は三分一博志。内部には柳幸典のアート作品を設置しています。

08.
沙弥島

万葉の歌、古墳・遺跡などの歴史を感じられる島で作品を展開。沙弥島には陸路でアクセス可能。坂出駅からのシャトルバスが便利です。島内への自家用車の乗り入れは避けてほしいとのこと。

八人九脚

作家:藤本修三
撮影:高橋公人

「橋・島・人びとを繋ぐ」をテーマに8脚の椅子を横方向に連結。前回のナカンダ浜から瀬戸大橋記念公園に移設しています。瀬戸大橋を眺めながら、ゆったり休憩を。

09.
高松港

島々への玄関口となる高松は、瀬戸内国際芸術祭におけるマザーポート。高松港周辺の移動にはレンタサイクルが便利です。

Liminal Air -core-

作家:大巻伸嗣
撮影:中村脩

瀬戸内国際芸術祭の玄関口となる高松港の新たなシンボル。高さ8メートルにおよぶ2本のカラフルな柱は、国際的に活躍するアーティスト大巻伸嗣が制作したもの。

10.
宇野港

本州から直島、豊島、小豆島、高松へと出発する海の玄関口。元気な作品が、旅の門出を祝ってくれます。宇野港ではフェリー乗り場と高速船乗り場が分かれているのでご注意を。宇野港周辺の作品は徒歩移動で巡ることが可能です。

宇野のチヌ

作家:淀川テクニック
撮影:中村脩

第一回目の芸術祭で設置された巨大なチヌは、岡山市にある児島湖で集めたゴミで作られています。前回に引き続き、パーツを取り替えて再登場。

今回は、まもなく開幕となる「春会期」で楽しめる作品の一部を紹介しました。鑑賞には、春・夏・秋の3シーズン有効の「作品鑑賞パスポート」がお得です。美しい瀬戸内を舞台に開催されるアートの祭典を、思う存分満喫してみては?

現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
1万以上の応募作品の中から厳選された、約250作品が上映されます。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...