化学と芸術のど真ん中、というガラスアート。

むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。

ドイツのガラス工芸家Heike Brachlowは、光学や化学の見地から幾何学的なガラスアートを作り出す人物。化学とアート、一見相反するように思うもの同士を作品に落とし込むことで、彼女はその融合がいかに美しいものであるかを気づかせてくれました。

幾何学的造形の中にある
ロジカルな美しさ

8d0fde6e498f415857541dd085fe9f2af2703685210cb8fcb607a906b09fa21fa5b9166f9ba1056983f112ab21ad07ac95617fcd876228ab7ac1d33eA40f2e0dd89631a1dfc055008c5fd58c0376c9b638002ce4f7c907dfd56f03f4d213138c92891cc7

数学のグラフや分子構造、鉱物の結晶、または自然界に存在する植物の規則的な形を見て美しいと感じたり、神秘的に思うことがありますよね。

幾何学模様は人工的に作られたものと思われがちですが、数学が世界を説明する方法として機能しているように、自然界のあり方がそのまま形になったものと捉えることもできます。

人の手でつくられる美しさに加え、自然界にあふれるカタチに目を向けることができる、それがHeikeの作品。

酸化物が生む
絶妙なグラデーション

959e011be1ce2e8a5e74de625df979c27b1e6df0E8943b71c77b0ee0c29ec2e9e5ee6ee71eb490fd13fdc3af3410eb3bd2ce8daa6af0e36fe4e20ab2

Heikeの作品で特徴的なのは、形はもちろんのことその色合い。この色彩は酸化物とガラスの複合によって生成されたものだそう。

例えばこの作品に使われているのは、酸化ネオジムという金属。ガラスに加えられた酸化ネオジムは、黄色系の光のみを吸収して他の色を透過させる性質を持ち、このような不思議な色彩になるんだとか。

0ae0750ed292fda72d6a42841dbb3e24a531ab231ef80cc3e0abb7a1c563565d4c4be3532cb2f6042a357032c733e36cfcd704a2e6e19c475ff901b0

光と色がどのように生まれ、私たちの目に届くのかさえ計算されて作られているのかもしれませんね。

Photo by Ester Segarra
Licensed material used with permission by Heike Brachlow
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...