世界最古の技法で作るガラスの茶碗「パート・ド・ヴェール」が美しい・・・

光があたって透き通る、不思議な色模様入りの茶碗。なんでも、とてつもなく歴史のあるガラス技術が使われていて、耐熱素材を使っていないのに熱湯を注いでも大丈夫なのだそう。

メソポタミア時代に生まれた、
「幻のガラス」が魅力的!

1f1c29db6774b5d9842589745b06739f60c705ff76990c57a13b419afae0fecc67a49d8d5dfcc5827102f01cb2d1b6ce92d4ce17839f3ec81a2178f4

画像は、東京都墨田区の「茶道具専門店 (有)菊池商店」で働く茶人・菊池憲之氏がツイートして話題になったもの。パート・ド・ヴェールは、フランス語で「ガラスの練り粉」を意味しており、その起源は古代メソポタミア時代まで遡るとか。

つくる際の行程が多く、時間と手間がかかることから、次第に廃れ伝承が途絶えてしまったことが何度となくあったそう。数十年前までは「幻の硝子」とも呼ばれていました。見とれてしまいますね。

菊池さんは、そのほかにも茶道文化に関することや、伝統的な茶器や容器を紹介しています。魅力的な器の世界をぜひ!

江戸切子や薩摩焼など、
そのほかの茶器も必見。

その他のツイートはコチラから。菊池さんによると、いまのところパート・ド・ヴェールの茶道具は、「茶入」のみ少数販売をされているそうです。

気に入った人は、茶道具専門店 (有)菊池商店」へ問い合わせてみてくださいね。

Licensed material used with permission by 茶道具専門店 (有)菊池商店
〈STAUB(ストウブ)〉の「ルチャワン」はオススメです。和洋折衷なたたずまいは、どんな器や皿ともマッチ。ありそうでなかなかない、モダンなお茶碗だと思うんです。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
世界で一番カッコいい「パンの袋をとめるアレ」を、紹介します。
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...