世界でいちばんの「犬」が決まるフォトコンテスト

毎年、「世界でいちばんの犬」を決めるフォトコンテストがある。主催するのは1873年イギリスで創設された、世界最古のケネルクラブ「The Kennel Club」。これは、犬好きの、犬好きによる、犬好きのためのベスト・オブ・ベストだ。

Dog Photographer of the Year

単にもっともカワイイ犬が選ばれるようでは、“世界最古”の名が廃るというもの。だが、そこはさすがに由緒正しきケネルクラブ。犬を愛してやまない人々ならではの視点が選定の基準。先だって発表された2017年度の各賞をチェック!

「遊ぶの大スキ!」部門

Photo by Kaylee Greer / The Kennel Club

このカテゴリーにおいてもっとも重要なことは、健康的で幸せな犬がそれぞれの人生を謳歌するように、楽しそうに遊んでいる場面。

1位に選ばれたのは、アメリカに暮らす、ソフトコーテッド・ウィートン・テリアのPetey。タイトルは『スプラシュ!』。

「老犬のノスタルジア」部門

Photo by John Liot / The Kennel Club

血統書つき、雑種ともに応募できるが、犬齢8歳以上でなければこのカテゴリに応募することはできない。スタジオでも、屋外でも、ポートレイトでもOK。

写真は雑種のKelly。タイトルは『Kellyお気に入りの場所』。

「かけがえのない相棒」部門

Photo by Maria Davison / The Kennel Club

人間と犬との深い結びつきを表現するのがこのカテゴリー。例えるならオーナーと愛犬のポートレイトや、散歩風景において忠誠や従順さからくる親交が見えるもの。ただし、構図のなかに人間と犬がともに写っていること。

写真は雑種のYzma。タイトル『少女たったひとりの親友』。

「ダイナミズム」部門

Photo by Sarah Caldecott / The Kennel Club

活発な犬たちの躍動感ある姿を捉えた写真がこのカテゴリーに集まる。例えば獲物を狙う猟犬の俊敏さ、駈け出す際のつま先まで伸びきった様、走りっぷり、泳ぐ姿、レスキュー風景など。

写真ポインターのRita。タイトルは『活発』。

「補助犬・介助犬」部門
(慈善活動カテゴリー)

Photo by Alasdair MacLeod / The Kennel Club

補助犬としてプロのトレーナーからの訓練を受けた犬たちが、介助を必要とする人々の元で実際にどう貢献しているかがわかる写真であること。なお、このカテゴリーの優勝者には、ケネルクラブより副賞として500ポンドを任意の補助犬トレーニング施設へと寄付できる。

写真はグレイハウンドのMegan(Duncanさんと)。タイトルは『MeganとDuncan』。

「パピー(子犬)」部門

Photo by Mirjam Schreurs / The Kennel Club

応募できるのは犬齢6ヶ月未満の子犬のみ。ただし、生まれたばかりの姿でも、遊んでいるところでも、母親のお乳を吸っているところなど、シーンは不問。

写真はボクサー犬のTyson。タイトルは『超集中』。

「シェルター犬」部門
(慈善活動カテゴリー)

Photo by Alexandra Robins / The Kennel Club

今年新たに加わったのは、ドッグシェルターに預けられた犬、もしくはすでに新しい里親の元へと渡った犬たち。彼らの多くは雑種だったり、血脈が不確かなものたち。捨てられた彼らを捉えた写真は屋外で、楽しげにしているものであること。こちらも、ケネルクラブより副賞として500ポンドがシェルター団体に寄付される。

写真はブリンドルグレイハウンドのChloe。タイトルは『希望』。

「犬こそ私のすべて…」部門
(青少年カテゴリー)

Photo by Julian Gottfried / The Kennel Club

12歳から17歳の青少年カメラマンからの応募を受け付けるのがこのカテゴリー。重要なことは、いかに自分たちの生活にとって犬が欠かせない存在かを写真で示すこと。

写真はミックステリア(血統不明)のPippin。タイトルは『歓喜のジャンプ』。

「肖像犬」部門

Photo by Anastasia Vetkovskaya / The Kennel Club

スタジオ、もしくは屋外で撮影されたものが望ましい。背景は極力プレーンなもので犬以外の要素が入ってはいけない。ポートレイトは頭部のみ、もしくは胴体まで入れる場合は「おすわり」あるいは「ふせ」をした状態であること。

写真はアフガンハウンドのSisley。タイトルは『ブラック・ビューティー』。

「新米フォトグラファー」部門
(11歳以下の子どもカテゴリー)

Photo by Dylan Jenkins / The Kennel Club

こちらも新設されたカテゴリーで、青少年よりさらに若い11歳以下の子どもたちによる作品の部。写真のコンセプトは「なぜ犬が好きなのか、人が犬を愛する理由」がわかるもの。

写真はブラッドハウンドのMosey。タイトルは『Moseyはケーキにくびったけ』。

Top Photo by Kaylee Greer / The Kennel Club
Licensed material used with permission by The Kennel Club
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
11月1日は「ワン・ワン・ワン」で“犬の日”。自身も犬好きという今大人気の現代美術作家・加賀美健(かがみけん)さんが描き下ろした「アダム エ ロペ ル マ...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
犬が落ち着くであろうスローテンポな曲を109曲収録した「犬用音楽プレイヤー」を埼玉の医療機器メーカーが発売。「音楽の曲調で犬の感情が変化しスローな音楽を聞...
カンタンに「Adoptify」を説明するならば、共通の音楽の好みを持っている犬と里親をつなげるサービスだ。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
身近な疑問を解明してくれる人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」で今回扱うテーマは「犬」。長年「人類の親友」と比喩されてきた犬は、なぜにこんなにまで...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
8月26日の「ナショナルドッグデー(全米犬の日)」をきっかけに、アメリカで、AmazonのAIアシスタント「Alexa」のある機能が話題になった。「Pup...
みなさん犬は好きですか?犬好きな人って、何となく情が深くて、愛嬌たっぷりな印象があります。そんな「犬好きの女の子」を彼女に選ぶべきだと語っているのは、「E...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。