「ペットの顔写真」から病気を予測!日本企業が特許を取得

「アニコム ホールディングス株式会社」が「ペットの顔写真から病気を予想する疾患予測システム」「その疾患予測方法」について、世界初となる特許を取得したことを発表。

AI技術を利用することで、ペットの顔写真のみを使用し、一定期間内に眼や耳、皮膚疾患といった病気にかかるか否かの予測することが可能で、トイプードルの場合、なんと約70%の精度で眼科疾患の発症有無を予測できるらしい。

犬は人の6倍のスピードで生きるともいわれ、病気についても早期発見治療が重要。この技術を利用すれば、どんな病気のリスクが高いのか予め知ることができ、予防につなげることができるようだ。

同社の子会社である「アニコム損害保険株式会社」は、ペット保険シェアNo.1企業でもあり、収集された疾患統計を用いてペットの疾患を予防する啓蒙をおこなってきた。今回の特許によって更なる予防効果が期待できるようだ。

誰でも自分のペットには健康で長生きしてほしいと願っているはず。この技術の早い実現に期待したい。

Top image: © アニコム ホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...