「ペットの顔写真」から病気を予測!日本企業が特許を取得

「アニコム ホールディングス株式会社」が「ペットの顔写真から病気を予想する疾患予測システム」「その疾患予測方法」について、世界初となる特許を取得したことを発表。

AI技術を利用することで、ペットの顔写真のみを使用し、一定期間内に眼や耳、皮膚疾患といった病気にかかるか否かの予測することが可能で、トイプードルの場合、なんと約70%の精度で眼科疾患の発症有無を予測できるらしい。

犬は人の6倍のスピードで生きるともいわれ、病気についても早期発見治療が重要。この技術を利用すれば、どんな病気のリスクが高いのか予め知ることができ、予防につなげることができるようだ。

同社の子会社である「アニコム損害保険株式会社」は、ペット保険シェアNo.1企業でもあり、収集された疾患統計を用いてペットの疾患を予防する啓蒙をおこなってきた。今回の特許によって更なる予防効果が期待できるようだ。

誰でも自分のペットには健康で長生きしてほしいと願っているはず。この技術の早い実現に期待したい。

Top image: © アニコム ホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事