NYで車内に犬を「置き去り」にしたら「窓を割られる」

「お茶を買ってくるだけだから、いい子にしててね」

そんな理由で、愛犬を車内に置き去りにしたことはないだろうか。ニューヨークでは、厳しい暑さや寒さのなかで取り残されているペットがいた場合、彼らを救助するために、自動車の窓を割って車内に侵入できる権限を拡大する法律を可決した。

これまでは、取り残されたペットを救助するためにたとえ車を壊したとしても、責任を問われない対象は「警察官」だけだった。しかし、新たな法律の可決によって、「消防士」や「救急隊」のメンバーも対応が可能になり、警察官の到着を待たずとも、迅速に車内の生き物たちを助けることができるようになったのである。

多くの人にとってのペットは、大切な家族。家族の命が救えるのなら、愛車の窓ガラスが割られるくらい、きっとかすり傷だ。

たとえ5分だろうと、猛暑のなかではあっという間に車内の温度は上昇する。人間と違って「暑い」と訴えたり、窓を開けたり、皮膚から汗をかいて体温調節ができない生き物たちの立場を想像してみよう。

「言語」というコミュニケーションツールを持たない生き物と向き合う時に必要なもののひとつは「想像力」である。が、まずは「置き去りの状況を作らない」というのも大切なこと。

この法律によって助かる命が、ひとつでも多く、増えますように。

Top image: ©
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨーク市で「鳥にやさしい窓」の設置を義務化する法律が可決され話題となっている。この法律の対象は市内の新しく建てられるビルや改修工事がされるビル。今後...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ペットのバンダナとお揃いのマスクがかわいい。マスクを生活をもっと楽しもう!
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...