【クイズ】この写真にうつっている「550匹」の動物とは?

この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?

写真に隠れた“あの動物“わかる?

スクリーンショット 2015-11-11 17.43.42

カナダ中西部に位置するサスカチュワン州に暮らす、農場経営者のLiezel Kennedyさん。なんでも、彼女が飼育している◯◯たち(答え合わせは後半で!)は、とにかく“変装の達人”なんだとか。この広大な農場の遠〜くまで行ってしまって見えない、という訳じゃありませんよ。
スクリーンショット 2015-11-11 19.16.44

この辺で、ほとんどの人がソレを確認できたと思います。では、もうちょっとズームアップしていきましょう。

大地に同化する羊
その数550頭!

スクリーンショット 2015-11-11 17.45.02

そう、この写真に隠れていたのは羊。しかも約550頭が群れをなしているというのですが…ようやくこの距離まで近づいて体躯が確認できたのでは?
牧草がまばらに生える晩秋の農地に羊たちの毛の色が重なるこの季節、Kennedyさんですら羊たちが風景に同化してしまい、見分けがつかなくなるんだそう。写真を撮ったこの朝は、「見つけ出すのがほんとに大変…」と、こちらにも苦労が伝わるツイートをしていました。

スクリーンショット 2015-11-11 19.51.49

さらに彼女、「春や夏も同じ問題を抱えているの」ですって。ってことは、結局どのシーズンも見分けが付きにくいってことじゃないですか(笑)!

Licensed material used with permission by @pilgrimfarms

思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
いまや、1億総愛猫家。そう表現すると大げさですが、なんとなく言ってしまいたくなるほど、大きなブームになっていることは確か。では、あなたがどれだけネコを愛し...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...