おとぎ話の世界に紛れこんだような動物写真

魔法でもかけたの?

メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis。すまし顔でポーズをキメている姿に、思わず頬が緩んでしまうはずだ。

Robの撮影は、まず動物たちとの信頼を築くことからはじめるのだとか。しかしながら、時には、動物たちが落ち着くまで待って、シャッターを切るのに1時間もかかることもあるという。

それにしても、この動物たち、今にも喋りだしそうだよね?

Licensed material used with permission by Rob MacInnis
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!