野生動物の世界を写した「9枚の写真」

ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品を発表した。96カ国から42,000点以上の作品が寄せられた。

グランドタイトルに選ばれたのは、赤キツネが北極キツネを狩った瞬間を捉えた写真だった。

01.
グランドタイトル受賞作品
「A tale of two foxes」

442cebe0384b1d93aaf73e244f9ed98296975ecf

救急医療の専門医師でもあるカナダの写真家Don Gutoski氏は、休暇を使って自然写真を撮る。カナダ北部の島にいた彼は、マイナス30℃のツンドラの中で何かを追いかけている赤キツネの姿を発見した。よく見ると、その獲物は白い北極キツネだった。

温暖化の影響もあり、この地域では赤キツネの個体数が増加傾向にあるそうだ。主な捕食対象というわけではなく小動物などを食べて生活しているが、北極キツネもその例外ではないのだとか。

02.
ティーン部門
グランドタイトル受賞作品
Ruffs on display

95c088f721f0feb491dcd0373b946dbee7629f0d

17歳以下の部門でグランドタイトルに選ばれたのは、Ondrej Pelánek氏(14歳)の作品。彼は、夏の家族旅行でノルウェー北部に出かけた際に、白夜の中で戦闘体制になったエリマキシギ(Ruffs)を見た。

「興奮して眠れなかったよ」と話す彼は、父親がテントで寝ている間にも外の動物たちを眺めていたそうだ。

オスのエリマキシギは、縄張りやメスを守るために、近くを徘徊して侵入を図る外敵を威嚇する。

03.
水中写真部門
「A whale of a mouthful」

735106b037deba033fc37fd27ad10d53220a3496

オーストラリアの写真家Michael AW氏は、全長16メートルにも及ぶニタリクジラが数百リットルの海水とともにイワシの群れを一瞬にして飲み込んだ瞬間を撮影した。

南アフリカ・トランスカイ沖からダイビングして撮った写真だが、光の加減やそのリスクを考えると、いかに貴重な環境下で撮影された作品なのかと驚く。

04.
フォトジャーナリスト部門
「Broken cats

Fd11c896be218e8d3ed3829248b6dfbb4aa18ad0

Britta Jaschinski氏の作品は、中国・桂林市にある七星公園で撮影されたもの。同氏は"薬漬けにされてキバやツメが抜かれた大きな猫"と説明した。
ショーの間、彼らはスパイク付の鉄パイプでその動きをコントロールされていたそうだ。

自然史博物館のホームページでは、その他様々な作品が部門ごとに閲覧できる。以下にその一部を紹介するが、より多くの写真を見たいという人は直接ページを訪れてみよう。

05.
両生類・爬虫類部門
Still life

F0917865fe42561f64901c476b86ee73584b2bad

06.
都市部門
Shadow walker」

04cf1b2e8df42b47469eb1e9d6bfbe10c5234bca

07.
鳥部門
「The company of three」

A0f070b55aa516ade20252d6746760119539c6b9

08.
印象部門
Life comes to art

4da6459d83ad1c8c60c9daa0a78b32841f56d6fb

09.
空撮部門
The art of algae

526bcacebe56300924ec080de0c8707702defea3
Licensed material used with permission by Wildlife Photographer of the Year
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
雑誌WIREDの表紙を飾るなど世界的に注目度の高い、煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...