一台のグランドピアノ「Steinway」ができるまで(写真39枚)

Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品。38枚の写真をつなげていくと、そこにストーリーが現れてくるはずです。

グランドピアノは
こうして製造されている

6026994ae4388f2f8c4911362747e07a07ac6bfe

これらは、建築家であり写真家でもあるアメリカ人Chirstopher Payne氏によるプロジェクト『Making Steinway』から抜粋した写真。Payne氏のレンズを通して、この薄く均一に加工された数枚の木材と鉄骨が組み合わさり、一台のピアノが形づくられていくまでを時系列に沿って見ていきましょう。

06131cae6a731892c69060592fe5e6b2e76de1c3D240a20efef4b03bf07b66493d753ecb6adb35986601e58e3a49d40c5dc5edf1a9bc57a99d905f2aFbfdbb90b2403bb7748c08ddacd828ea1bc391d0Cb2f4fbd51acc7f8b58ac23a4206aa4858e18ae6E97b55633d692122d4bc01331a180134f3214ce543591a35bb11326f536eae957a82301562e2c2546ec0c82148b50c0fb2fefc223b7fb6ae28e8492f454e932033c2d8266dadd1bd5c4de91a19869ad77d22eb508b967bd41149c7865d3413b8c1d8259e896b859a9e64568bff9d136e89a2873744932a9cF109e4a0bb01b0c475304120735457cfad168ca4

“スタインウェイはフレームで鳴らす”という言葉があるほど、同社のフレームは薄く作られています。弦振動を受けてフレーム自体も振動し、その揺れをリムへと伝える。スタインウェイ独特の金属的な音色が、こう喩えられる所以。フルコンサートピアノのパワフルな音色に適していると言われています。

D35413325d1699530dbad2b8c8fe466f11e2f2859d86c5f9f4a3bf31b04c71dd5d42622d6a58fe1e71c3508578c940523817b94591c3bd9b102437e919ae6e0059b62ca161dc908dee97e82ca353e68f7644ef45c14208a5910742a15905107f516192f1E677f010afcc135af1acd4a98b79bc6a8ecd02499be8d5a8a649e569dc936da661d4b0ed1a83fd6a6781c62c85ddce8be666499a526bbde56a739aee673a13d0e02445e8cec02c0797c3ce4dd357f78e3d28a3050b3b0617b70d7ac813c5bfcbbf3956de30773e4fbaf0d3673bcec75868c80b0be371d890287daf99840343b86b78c6b9e8a173205696825053abab23c9cb13e1924090bfade70e747b5b06b8Ea2e5a79695492a2bea8c4f7844bf88a45be754d3d7487b913afe75295c9ea1125d558e5de033e418c48a715ac821e2645cff3d95bb87dc0e2ec711347ba374f1519a0c7dac88b380fcac2902c79e7512c7f5f468f46ec4c4e938b6ffbdd7752cb597dcc7fb31ef391a63e740d00a84d299f3aad665a5b4eD06cc1ebee6a201f71a46a685eef2405fd98a6f3Fa24b5cc942e6370a19f39e1b8f3b335c2525835C75d184d1ba9be88e63326607ee5e7d2b8509391C69e8dc1e16c184858882a04a7c44af17fb9c96558637a40fc8647f363e095bc278a7ac586921dad

ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並び世界で最も美しいピアノ(世界三大名器)と称えられる「Steinway & Sons」。その製造過程を捉えた貴重な資料ですね。

7ffd0fe484776bb34002e753db2910afc93101ff

さて、Payne氏のこのプロジェクトは現在ニューヨーク・チェルシーのギャラリーで個展を開催中。さらに、2016年春スタインウェイ社より写真集『Making Steinway』の刊行がすでに決定。日本で目にする機会もあるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Christopher Payne
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
ピアノを習う子は頭が良くなるーー。この噂、あなたも一度は耳にしたことがあるのでは?で、「ホントのところはどうなの?」ということで、カシオ計算機株式会社が実...
これは、リサイクルやリユースと違って、ある素材を使って新たな用途を持たせることを指す「アップサイクル」を思わせる一例ではないでしょうか。ミネソタ州に住むジ...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。そ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
パリ同時多発テロから一夜が開けた2015年11月14日朝。バタクラン劇場前でジョン・レノンの『イマジン』を弾くピアニストがいました。その場に居合わせた人々...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏して...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...