一日旅客機の「離発着」を1枚のパノラマ写真に閉じ込めてみた

世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。

でも、お目当の機体がある訳じゃない。降りてきたり飛んでいく無数の旅客機をデザインに落とし込むのが、彼のアートワークだ。

もしも、旅客機が
いっせいに離陸したなら

Ccb64265212862cf596c4737f74440eefb1558c6

もちろん、そこはPhotoshopによる合成。だけど、定点からシャッターを切り続け、一枚のパノラマの中にはめ込んでいく。群れをなして飛ぶ鳥のように、同じ方角へ向かって、一斉に旅客機が舞う、降りる。こんな広告をだいぶ昔に、なんだか見た気もする。

写真の中の旅客機のカラーリングやデザインに注目すると、それぞれどこの飛行場かのイメージがつくはずだ。

余談だが、このプロジェクトのために費やした時間、およそ93日間。25回のフライトで、74,545マイルを獲得したらしい。

7223aa6ed85269b4d65470ca144488e94b15e5a4B76a426379321dc30c84a73e18830cb1fcb100fe6ce4407146ecda363fe362c00d6515e9d512df7379cd1df3d67d57b9d3e195dcf595e9559c1ea7c2615b9e978e10766b7018efc7c9133cccf47f8d02D1888064a8edaf0361606a100d96ece96a047a6d4775218e3ccf09bc65fbced530600abfffc81bf689f33a79233876f22e409024f64f84282d25610468e81e6932d8e0da5bc856b427dd9228ea4515ceCa4f563a2821ded1fa5d8c530941b10b1a099571D0d7dad84b2381598b1d3c17cbac01c2324080e7Bc0135ff47d974a869b645e380ced01f6f4b27ca

羽田空港は
船の上から撮影

85bed3a4fe031bd1668beee98f60829e446a15d669eaf93873aa7865779a2e0d824ce57b9b27e23c

こちらは東京の玄関口、羽田空港の様子。向こうに雪をかぶった富士山が見える。どうやら撮影は揺れる船の上から行っていたようだ。

じつは、このフォトグラファーMike Kelley、本当はプロのスノーボーダーを目指していそうたが、度重なるケガに夢を諦めざるを得なかった。ボードを置き、カメラに持ち替えたMikeのフットワークは、雪山にいるときと変わることなく軽やかだった。

ところでMikeの作品、気に入ればどれも公式ページから買うこともできる(約10万円ほど)。

国から国へ、それもほとんど空港のまわりだけ。そんな弾丸ツアーと撮影の様子はこちらの動画でチェック!

Licensed material used with permission by Mike Kelley
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...