ウソだろ・・・?究極すぎる「石積みアート」の写真14枚

米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでくると究極のアートの世界!

根気強さ?集中力?もはやそんな言葉でも説明できない「ロック・バランシング」の妙技をご覧あれ。

もちろん、接着剤は
使ってません

「石積みアート」

「美しい…」と同時に湧き上がる「ウソでしょ…?」の感情。我が目を疑ってしまうほどの作品の数々。

グラブさん曰く、「バランスをとるために、石の三脚となる場所を見つけるんだ。それは大小問わず、どの石にもあるよ」とのことですが、その審美眼こそが真髄なのかも!?

「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」「石積みアート」

「禅」の境地

「石積みアート」

一見、気が遠くなりそうな「ロック・バランシング」ですが、グラブさんにとっては瞑想やヨガをすることに近く、リラックスする方法のひとつだとか。

にわかには信じがたい…そんなアナタも決して少数派ではありません。ぜひ動画で、実際に石を積み上げていく姿(時には、石が崩れ落ちるシーン)も目の当たりにしてください。

Licensed material used with permission by Michael Grab

関連する記事

美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...