19歳が独学で描いた「3Dアート」に驚きの声が続出・・・

まずはこの動画を
ご覧ください。

紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。

なんとイラストなんです!

これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイに住む若干19歳のアーティスト、スーシャント=S=レーンさん。独学でこの画力を身につけたというから驚きです。

リアルを超えた絵!?

4a4254ba33bd7b6c1d324f63cf3687838c5ce2df9fd72084c91494e29f81f2f3c68c106e87da6567Bcaf45dee8fb5a942234dd2c4692fece4c819d95

完成した絵はまるで本物や写真にしか見えませんが、描いているところを遡って見ると、確かに絵だということがわかります。特に、丸みや光沢感のリアリティがすごい!

光沢のあるフォーク

E33147ad0ca6384831d43cebdcfe254dd3f6cba96120b84f4f40d426b123679deb681f3a793a9012

おいしそうな目玉焼き…

Dc7f4e78ead9d7aaa4c4c45c05df8d39b82a616c43604cdaec26fb95dd7b7400da4d6fac926e61ceFa891f37ae2f86e51420e9d938df35223b4a074f

コーラの缶やスマホ、
ルービックキューブも再現

50130bb820c4e7e420b3b2aaf183c93ea76dbb5d6f7c83a4759171a3199104245724b9e5e6d022ff292dbe603d49ea043c8a52974cf734314207d82b50e2aa56afecb6a5a600e4af2fd343307b5bd2e6

ガラスのような透明なものや、金属光沢への映り込みなどは、光が複雑に屈折して反射しているため、難しい題材ともされています。それを19歳にしてここまでリアルに描けてしまうのだから、非凡な才能を感じますね。

彼のInstagramには、他にも様々な3Dアートが紹介されています。チェックしてみては?

Licensed material used with permission by sushantsrane
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
色とりどりのお菓子で溢れるRaymondさんのInstagramアカウント。見ていると幸せな気分になってくる。驚きなのは、このクオリティーの高さで独学だと...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
電動ドライバーを使って、木製パネルに固定して製作されたもの。磁石に引き寄せられる上の作品『screw art』に使用されているのは、じつに10,000本のネジ。