ルービックな「わたしの部屋」

突然ですが、みなさんは自分の部屋が好きですか?

毎日生活をする空間だから、好きなもので埋め尽くしたいと思う人も、生活のしやすさに重点を置く人もいるでしょう。

部屋には住む人の個性が溢れ、それはひとつの作品でもあります。「studio molistudio」は、そんな部屋を実際にルービックキューブのようなアートに変換しました。

ようこそ、“ルービック”な我が家へ

エッシャーの「だまし絵」を彷彿とさせる、少し不思議な空間。ごく普通の生活空間をモデルに、少しだけ別の視点を加えて組み立てられているようです。見ようによっては、かわいらしいドールハウス。いつも生活している場所が、特別な世界に見えてきます。

鮮やかでやさしい色彩。

背景のパステルカラーが部屋の雰囲気にマッチして、この場所にはどんな人が住んでいるのだろう。なんて想像がかき立てられてしまいます。

近すぎるものほど、あまり意識しないのが私たち。バスタブの形や、キッチンの引き出しの取っ手の色など、生活の場には、素敵なデザインと色で満たされているんですね。
 
それをこうして3D Rubikにすることで、日常生活にもう一度わくわくを見いだそうというのが、このアートのコンセプト。
 
いったい、自分の部屋はどんなふうに見えるんだろう。
Licensed material used with permission bymolistudio

関連する記事

統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。

人気の記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。