ルービックな「わたしの部屋」

突然ですが、みなさんは自分の部屋が好きですか?

毎日生活をする空間だから、好きなもので埋め尽くしたいと思う人も、生活のしやすさに重点を置く人もいるでしょう。

部屋には住む人の個性が溢れ、それはひとつの作品でもあります。「studio molistudio」は、そんな部屋を実際にルービックキューブのようなアートに変換しました。

ようこそ、“ルービック”な我が家へ

エッシャーの「だまし絵」を彷彿とさせる、少し不思議な空間。ごく普通の生活空間をモデルに、少しだけ別の視点を加えて組み立てられているようです。見ようによっては、かわいらしいドールハウス。いつも生活している場所が、特別な世界に見えてきます。

鮮やかでやさしい色彩。

背景のパステルカラーが部屋の雰囲気にマッチして、この場所にはどんな人が住んでいるのだろう。なんて想像がかき立てられてしまいます。

近すぎるものほど、あまり意識しないのが私たち。バスタブの形や、キッチンの引き出しの取っ手の色など、生活の場には、素敵なデザインと色で満たされているんですね。
 
それをこうして3D Rubikにすることで、日常生活にもう一度わくわくを見いだそうというのが、このアートのコンセプト。
 
いったい、自分の部屋はどんなふうに見えるんだろう。
Licensed material used with permission bymolistudio
他の記事を見る
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
たまに、「部屋の模様変えしたいなぁ」と思うことがある。だけど、壁紙を変えたり照明を変えたり、そこまで手間をかけるのはめんどう。簡単に部屋の印象を変えられる...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...