主役は部屋。というインスタアカウント

SNS時代が生み出した「セルフィー(自撮り)」というカルチャー。

撮影する角度を変えてみたり、代わる代わる服装やメイクで、フォロワーを楽しませてくれるけれど、そのほとんどが盛れる見せ方。あとはいかに自分らしさや工夫を効かせることができるか。

例えばこの鏡越しのセルフィー。写真はどれも“主役”が存在しない。けれど、そのことが逆に個性的な室内空間を強調して見せてくれている。

写真家のLeonardo Magrelliのインスタアカウントに一部公開されている、「Meerror(ミラー)」という名のプロジェクト

お気づきかもしれないが、鏡の実際のスペルが"Mirror(ミラー)"であることに対して、彼が意図してミススペルする"Meerror(ミラー)"は、Me-Error(私-エラー)というふたつの言葉から成り立っている。

曰く、これは“私”が“エラー”で映し出されていないことを表すワードプレイなんだそう。

部屋に置かれる鏡は、大概自分の目では確認できない、自らの顔や全体像を映し出す役割を担っている…はず。ところが彼の作品では、一般的に知られるこの役目は一旦放棄。通常鏡の前に映る人像を“妨げ”とし、人が隠してしまっている「スティルライフ」をあえて主体としているのではなだろうか。

Licensed material used with permission byLeonardo Magrelli, @leonardomagrelli
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてない。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライター...
たまに、「部屋の模様変えしたいなぁ」と思うことがある。だけど、壁紙を変えたり照明を変えたり、そこまで手間をかけるのはめんどう。簡単に部屋の印象を変えられる...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
「オンリー・ミー」なインスタアカウントを紹介します
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。