「お料理に深い意味はありません」な、インスタアカウント

 

「自分だけのカルチャー」を持っている人って憧れます。それはべつに、些細なものでもよくて。いやむしろ「そんなことに、そんなこだわっちゃう!?」くらいのものだと、なお興味深い。

ゴールデンウィークの終わり、ぼんやりインスタしていたら見つけたこのアカウント。特別なことをしているわけじゃないんだけれど、この「ただそれだけ」な感じ。なんか、いいよね。

ひたすら「ピンクのテーブル」の上に
お料理が乗っています

 

「何のお料理が乗っているか?」ではなく、あくまで「ピンクのテーブルの上に乗っている」ところがポイント。お料理のインフォも載っていないし、ひとつひとつのポストに対するキャプションもとくになし!

でもこれって、立派なカルチャーでしょ? どんな人がアップしているかも、わからないんだけどね。こういう「偏り」って大好き。

気になった人は、@platesonpink をチェックしてみて。(この“そのまんま”なアカウント名も個人的に♡!)

 

Licensed material used with permission by platesonpink
「オンリー・ミー」なインスタアカウントを紹介します
もう、タイトルの通りです。Sandro Giordanoさんのインスタアカウントには、派手に転倒した様子をおさめた写真がたくさん投稿されています。ちなみに...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはインスタで、「...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるインスタアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作られている。
「TABI LABO GO」は、元寿司職人が作るフィッシュバーガー専門店「deli fu cious」、暗闇でエンジョイするNY生まれの最先端フィットネス...
趣味やテーマやジャンルに特化した画像(動画)のみを投稿するインスタアカウントをじっくりみていくと、あっという間に時間が過ぎててビックリ!なんてことがありま...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
TABI LABOは、これまでの公式Facebookページに加え、 カテゴリ別のページを設置し、記事の配信を開始!第一弾の「TL Beauty」に引き続き...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...