いろいろ「色」が並ぶインスタ

カラフルでかわいい「@lucialitman」のインスタ。でもただ“映えて”いるだけじゃない。

lucyさんが投稿する写真をよく見ると、楽しみながら「色」について学べることに気がつきます。

例えばこちら。

まだ青く未熟なものから真っ赤に完熟したいちごが並びます。その下には、グラフィックデザインなど色を使った生業をする人などが使用する色見本帳「PANTONE(パントン)」の番号とそれぞれの色名が記されています。

写真左上のいちごの色は「Citron(シトロン)」、左下のいちごの色は「Tigerlily(タイガーリリー)」に相当するようです。

他には、さまざまな色をしたスイスチャードを並べたものも。

上から4列目を見ると、同じようなオレンジ色でも「Tangerine(タンジェリン)」や「Blossom(ブロッサム)」と、異なることがわかります。

誤解を恐れずにいうと、ここにある色を覚えたところで日常生活で役立つことはほとんどないかも……。

けれど、身近なものを使う彼女の写真は、「こんな色もあったのか」という小さな気づきをたくさん与えてくれます。そして、いつの間にかスクロールする指を止められずにページ閲覧を楽しむ自分に気づくかもしれません。

ここで紹介した以外にも、まだまだ写真はたくさん。気になる人はこちらから。

Top image: © 2018 lucy litman
他の記事を見る
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠...
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
世界中を旅しながらInstagramに写真を投稿し続けるPolina Burashnikova。彼女の生活費と旅費の出どころは、確実にインスタ映えするため...