世界55ヶ国で10万セットを販売した「500色の色えんぴつ」が生まれ変わった?

最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。

だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色えんぴつ、そのものがアートのようだ。

これまでに、シリーズで世界55ヶ国、10万セットも販売されてきたのだとか。「この色数であれば、魔法のように絵が上手くなるかもしれない」そんなあてもない想像を何度もしてしまった。

持つ人それぞれの
花を咲かせて欲しい

バリエーション豊かな色えんぴつは、木工加工から塗装や刻印まで東京都の葛飾区や荒川区といった下町で行われている。とりわけ色芯に関しては、国内に業者がほぼいなくなってしまった中で、頑なに技術を守り続けて1色1色オリジナルの色出しがされているのだとか。新シリーズは、匠の技を持つ職人たちによって繊細な色えんぴつがつくられているのだ。

正式名称は、「フェリシモ 500色のえんぴつ TOKYO SEEDS」。500色の幸せの種から、持つ人がそれぞれの花を咲かせて欲しい。SEEDSという言葉には、そんな願いが込められているとのこと。

他の色えんぴつと
全く異なる500の色名

500色の色えんぴつは、単に「赤」とか「緑」ではなく、創造性を刺激するユニークな名前がついている。例えば、赤でも「NEW BIKE(まっさらな郵便配達の自転車の色)」や「SATURDAY SPORT(週末スポーツの紅潮色)」「BEACH WALK(ビーチウォークの日焼け色)」といったクリエイティブな色名がついているのだ。1色1色に想像力をかきたてられたり、愛着を感じることができるはず。

20色が25回に分けて届く

もう1つの特徴は、毎月テーマごとに色えんぴつが届けられるといったもの。

「Starlight」は星明りのようなメタリックカラー、「Midnight」は夜をイメージしたダークカラー、「Party」は蛍光色を含んだ鮮やかなカラーという具合に、1テーマごとに20色がセレクトされるというユニークな試み。毎月、少しづつ色が増えていき、やがて500色が揃う仕掛けなのだ。

テーマごとに描く絵をイメージするだけでもワクワクしてくる。色えんぴつに囲まれれば、毎日の生活までカラフルになりそう!そんな予感がする。

Licensed material used with permission by 株式会社フェリシモ
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
心温まる動画をご紹介。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
「ミレニアルピンク」と呼ばれる、淡くて少しグレーがかった優しいピンク。ファッションから始まったトレンドが今、インテリアでも注目を集めています。心がはずむよ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...
〈アンシャンテ・ジャポン〉の「南部鉄器カラーポット」。フランスをはじめとして、海外で人気が高いそうです。無骨なイメージのある南部鉄器をカラフルに仕上げてい...