色とロゴの相関関係(企業ブランド編)

世界には、様々な企業ブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が自らの「性格」を発信していく重要性は、ますます高まっていくのではないかと感じます。それは、企業の顔ともいうべきロゴを構成する「色」にも言及できるでしょう。

「VENNGAGE」のライターSara Mcguireによれば、多くの場合、ブランドが伝えたい性格は「色」として表現されているようです。ディズニー編に引き続き、彼女の分析を考察していきましょう。

-青-
信頼・忠誠心

青はよく金融系ブランドのロゴに使用されています。これは、信頼や忠誠といった価値観を顧客に伝えたいと思っているため。

そのうえ、世界トップ100社に関する研究では、そのほとんど(33%)が青を使用しているとのことです。顧客の信頼を確実にしたいと願う業界に必要なものは何があるだろう、と想像すれば当然のようにも思える結果でしょう。

青はまた、テクノロジー系の企業ロゴにもよく表れます。IBM、Bell、GE、HP、そしてIntelなどです。これらは、テクノロジー界では「ヒーロー」ともいえます。

-赤-
強さ・エネルギー・情熱

次に人気の色は赤でした。これは「悪役の色」という概念を覆します。赤が強さ、エネルギー、そして情熱などと結びつけられることを考慮すれば、多くのブランドが赤を選ぶのも納得できます。

ロゴに赤を多く使っているのは、ファストフード業界にみられる特徴ですね。マクドナルド、ケンタッキーなどのブランドは、ワクワク感とエネルギーを醸成させたいと考えているはずです。

しかし、こちらの記事にもある通り、ファストフードのブランドが赤い看板を好むのには、科学的な証拠が多くあるとはいえません。それより、子どもの頃から行ったことのある経験から、赤に対して前向きな印象を持っているということが理由としてあるからでしょう。

-黒-
優雅さ・力・バランス
そして、スピード

この研究では、ブランドのロゴに使用される3番目に人気の色というのが、黒またはグレー系であるということも分かりました。これは、何故なのでしょうか?もちろん悪徳業者であるアピールのためにそうしている、なんてことはありません。

複数の色彩心理学の記事によると、黒には優雅さ、力、バランスという意味もあるそうです。

自動車会社は、ロゴにグレーを用いることが多いといえます。グレーのロゴは、スマートで高級な印象を与えることができるからでしょう。

また、黒は、プーマ、ナイキ、そしてアディダスなどスポーツ系のブランドロゴにも多用されています。それらのスポーツ系のブランドは、力やスピードといった印象を思わせる目的で黒を使っています。

こういったロゴでは白が大きな役割を果たしていることにも目を向けるべきでしょう。黒と白には、確固たるコントラストがあり、デザインをより印象的なものにします。 

しかしながら、これまでも多くの人が指摘している通り、私たちの取り組み方というのは、そのまま信じてよいものでもありません。

多くの場合、ブランドのロゴが顧客にどのように受け止められるかというのは、結局は、そのブランドの持つ特定のキャラクターをどのように伝えるのか、「色」がどのようにデザインに使われているのか、ということによるのだと思います。

もちろん、SNSでの見え方、広告の内容、店舗デザインなどのような他のマーケティング要素も、私たちがそのブランドのキャラクターをどのように受け止めるのかということに大いに関わってくるはずです。

Licensed material used with permission by Venngage Inc.
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
〈メルセデス・ベンツ〉のロゴ入り〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉のボトル。いずれもアクティブシーンで活躍する機能性がウリのブランドだけに、相...
「STRATX」が紹介している有名企業のブランドロゴとスローガンを見てみよう。スローガンはブランドの原点を表しているとも言える。これまで抱いていたイメージ...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。汚れを落とすどころか…②これらは、フ...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
自転車移動が多いので、バッグの中にポンプは必須です。とはいえ、そうそう頻繁に使うわけじゃありません。となると、ここはファッション性重視で。僕が携帯している...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
NYCに拠点を置く企業「Wooln」は、バラエティ豊かなニット帽を作り出しています。