人気ブランドのロゴをマッシュアップしたら、こんな感じになった。

ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。

これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブランドと大衆ブランドのロゴをマッシュアップしたもの。僕たちが普段、分かりやすいイメージで物事を判断していることが分かった気がする。

目に入るのは
文字よりも「ロゴ」?

これを見たら「トムフォード」がどんなものか気にならないかもしれない。むしろ、頭に浮かぶのは「YouTube」だと思う。

Reillyさんはこう述べる。

高級ブランドからファストフードまでの幅広いロゴと名前を、おかしな感じでマッシュアップしてみたかったんだよ。混乱するだろ?

たくさんの人が楽しみながら新しい視点で、こういったロゴを再認識するきっかけになってくれればいいなと思っているよ

では、他の作品を見ていこう。

困惑するけど
違和感も感じない

彼のいう「新しい視点」とは、人間は文字よりもイメージで判断するから、見落としているものがたくさんあるということではないだろうか。

もっと彼の作品を見たい人は、FacebookInstagramWEBサイトをチェックしてみてほしい。

Licensed material used with permission by HeyReilly
andmore
他の記事を見る
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。