人気ブランドのロゴをマッシュアップしたら、こんな感じになった。

ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。

これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブランドと大衆ブランドのロゴをマッシュアップしたもの。僕たちが普段、分かりやすいイメージで物事を判断していることが分かった気がする。

目に入るのは
文字よりも「ロゴ」?

B67fa3cbdf2ee4a8a806435952853b7cf5da3898

これを見たら「トムフォード」がどんなものか気にならないかもしれない。むしろ、頭に浮かぶのは「YouTube」だと思う。

Reillyさんはこう述べる。

高級ブランドからファストフードまでの幅広いロゴと名前を、おかしな感じでマッシュアップしてみたかったんだよ。混乱するだろ?

たくさんの人が楽しみながら新しい視点で、こういったロゴを再認識するきっかけになってくれればいいなと思っているよ

では、他の作品を見ていこう。

困惑するけど
違和感も感じない

1b4667d1b7f6209e44ba9ec6893550f91e7b053b9bab4ecce58e3e055c905c110e0eb79680feb27fB43bc2517b095249d3b74e76ef8a3df35ee8f42a40630829134a74abb8bbbe4eb81a0cfae3a95000Edd923da5322a1d65d11577442e929043323adbdA642a8ab39b2ece1300119b4d66f01aa0ff006ee85499f949217635f82eae080dc66b3e89185da84Db981a59924215d8fb87bf2968f911d5f86cdfdeAe980f27a62fadd3e9fccd6aab34bf34c62079727ce97540ea93a90ed6c067a1118b5bef92e10dfbEb3521089197b81fb2620e0771192b6b7687e9f23575e5bf64328ac7f2ea25a5d2b69d88f93f547e413e7e62908bb7cd6019061f25ca7f0a135374396a9d2ff03d557e64906856aa9353090442829cf6Ceec1a7561e045c9f9e7cb828af7bb69a76ef284338b8d2a1ce5ee7611885ea8e559fc6628eecee68b01eb81017eedaf7a484ba895a74c073b4bc5f2

彼のいう「新しい視点」とは、人間は文字よりもイメージで判断するから、見落としているものがたくさんあるということではないだろうか。

もっと彼の作品を見たい人は、FacebookInstagramホームページをチェックしてみてほしい。

Licensed material used with permission by HeyReilly
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ときおり、思わぬ弾き方で楽器を演奏するアーティストが現れて驚くことがあります。ここで紹介する彼は「エレキベース」を操るミュージシャン。しかし、一本も弦があ...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。汚れを落とすどころか…②これらは、フ...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
自転車移動が多いので、バッグの中にポンプは必須です。とはいえ、そうそう頻繁に使うわけじゃありません。となると、ここはファッション性重視で。僕が携帯している...
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
メキシコ育ちのMichele Baldini(20歳)によるインスタアカウント「the_eggshibit」では、見覚えのある形が目玉焼きから作られている。