ブランドロゴを「エコフレンドリー」にしてみた

ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っているもの。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だからだ。

だけど、そのブランドが人の目につけばつくほど、膨大なインクが使われて環境に負担をかけているという事実もある。そこに目をつけてあるクリエイティブな実験をしたのが、「Ecobranding」という集団だ。

インクの量を減らしてコストを節約するという斬新なアイデア。以下に並んだロゴを見ていってみよう。ちなみに、数字はインクの量がどれだけ減らせるかを示している。

McDonald's
-34.11% 

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

Apple
-22.32%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

Coca-Cola
-13.25%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

H&M
-23.96%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

Starbucks Coffee
-38.57%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

UPS
-10.26%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

FedEx
-18.19%

ブランドロゴを「エコフレンドリー」

実際にプロダクトに
組みわせてみると…

ブランドロゴを「エコフレンドリー」ブランドロゴを「エコフレンドリー」

うーん。思ったより違和感がないというのが、個人的な感想。むしろ、リブランディングされているような新鮮な印象を受けてしまった。

企業の皆さん、印刷コストもカットされる上に、環境にもやさしくなるというアイデア、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?

Licensed material used with permission by EcoBranding

関連する記事

「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
Twitterトレンドの1位になるほどの話題性と人気を誇る「養命酒エコバッグ」が当たるプレゼントキャンペーン実施中!
「Afternoon Tea LIVING」は、未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグを再生利用したエコバッグを公式オンラインショップにて数量限定で発売。
「Timberland(ティンバーランド)」から、ブランド初となるサステイナブルなエコスニーカー「マドバリー」が新登場。
ライフスタイルブランド「COLONY 2139」が、覆面アーティスト「BANKSY」のアートフォトを手掛ける英国「Full Color Black」社によ...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
キックボード専門ブランド「マイクロスクーター」から、廃棄物をリサイクルして作った環境に優しい子ども用キックボードがオンライン限定で発売された。
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
ライオンのロゴでお馴染みの「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)」がロゴの刷新を発表した。新しくお披露目されたロゴでは、あの“レオ・ザ・ライオン”が...
応援購入の売り上げの一部が、ウミガメ保護活動団体に寄付されるエコバッグ「TURTLE」。手のひらサイズのベイビーウミガメが、アッと言う間に40cmx40c...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...