NIKEのコーラに、adidasの歯磨き粉。ブランドロゴが入れ替わるとこうなる。

ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。

運動時専用ドリンク?

飲むな、危険。

お腹が空くタバコ。

アスリートは歯が命!

一口すら食べたくない。

汚れを落とすどころか…①

汚れを落とすどころか…②

楽しそうなクスリ。
(ダメ絶対)

これらは、フランスのグラフィックデザイナーMike Stefaniniによる作品「Brand Mix」。私たちの消費行動に疑問を投げかける目的があるそうなのですが、詳細を尋ねたところ、「忙しいからごめんね!」と煙に巻かれてしまいました。

はたして、その真意は一体…。

Licensed material used with permission by Mike Stefanini
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
多くのメディアや雑誌に取り上げられるまでに成長した、クラフトコーラを販売する『伊良コーラ』を追ったドキュメンタリー。
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
今話題になりつつあり、これから急成長するだろうクラフトコーラの専門店「伊良コーラ」の紹介です。
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「STRATX」が紹介している有名企業のブランドロゴとスローガンを見てみよう。スローガンはブランドの原点を表しているとも言える。これまで抱いていたイメージ...
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。