暑さを吹き飛ばすほどではないけど、クスッが癖になる「1コマ漫画」

夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。

描いているのはLonnie Easterlingさん。約9年間描き続けており、そのイラストの数は1,100枚にも及ぶのだそう。そんな中から11枚の作品をご紹介。少しはカラダが軽くなるかも?

01.
我が家の靴下も
バディを組んでほしい

「いいか、みんな。必ずバディを組めよ!単独行動はご法度だ」

02.
ハトログの評価は?

「すばらしいサービス。ただし、食事はあまり新鮮でない。非常に混み合っており、座るスペースはない」

星4つです。

03.
近い将来
絶対になれる

「オレもいつか、あんな風に小麦色になるんだ」

04.
食べられないものがある

「キノコは抜いてくれって言ったよな?」

05.
カタツムリにとっては…

「超速い!もうこれ、ワープのスピードじゃん!」

06.
猫を職場に連れて行くと

「おい、帰らせろよ」

07.
頭と尻尾
どっちがどっち?

「オーケー、これで分かりやすくなった」

08.
原因は、本の色

「なんでだ?この本読んでると、スゲー腹立ってくるんだけど!」

09.
仲間になる方法

シマウマはバーコードを読み込まれなければ、仲間だと認められないことを分かっています。

10.
クマだって記録に残したい

「あー! ミスった! 今のとこだけ編集できない?」

11.
今夜のメインディッシュは…

「夕飯の心配はしなくていいわ。あと、そうね…20分くらいで準備できるから」

Licensed material used with permission by Spud Comics by Lonnie Easterling, (Facebook), (Twitter)
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
時には、喧嘩することもあるけれど、12年間ずっと支え合った1人と1匹。彼らの暮らしぶりは、Rikkeさんが日記のように描写した4コママンガに表現されています。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
資生堂発のブランド「インテグレート」の新アイシャドウPRは、なんとweb少女マンガ形式。しかもユーザーによるセリフやコマの選択で結末が変化していく恋愛シミ...
「マンガノート」は、毎日朝と夜に見開き1ページ分のマンガを描くだけで非認知能力が鍛えられる新しい日記帳。
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
子どもの頃はわからなかった、大人の世界。いつの間にかそっちのほうが当たり前になり、大人ならではの悩みに共感するようになってくるものです。UKを拠点に活動し...
オフィスに設置できるメディテーション空間「メディテーションポッド」を日本で展開する「ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント・ジャパン社」。同社の...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
人間の脳と心は親密につながり合って、あなたを動かす原動力となります。この漫画の中で、心はいつもココロ満たされていたいと思っています。かたや脳は、そんな心の...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
どんなカップルでも、“ふたりの空気感”があるんだけど、一緒にいる時間が長いほど、漫才のような心地よい「あうんの呼吸」になる気がする。漫画家のSarah G...
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
自動車同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者、対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。その対策として「ボルボ」があるユニー...
もしも、猫が大企業のCEOだったとしたら…。イギリス人漫画家Tom Fonder氏によるシュールなギャグ漫画のご紹介。これが、イギリスでは結構ウケているそ...
今年6月にオープンする「MIYASHITA PARK」に、24時間営業の飲食エリア「渋谷横丁」が登場。プロデューサーは「恵比寿横丁(エビ横)」の仕掛け人・...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
4月6日、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」は無料のショートムビー『At Home With Olaf』を公開した。そのタイトル(オラフと...
漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて今夏開催される。日本を代表する漫画家が「東京」を漫画作品で表現するというアートプロジェクトだ。