この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInstagramにも)した彼女の写真には、こんなコメントが添えられていました。

「一週間前の今日、私のかわいい、愛おしいわが子が生まれたなんて、まだ信じられない!」

実をいえば、彼女の言葉にはまだ続きがあるのですが、それは壮絶な出産シーンを失礼して覗かせていただいた後にしましょうか。

分娩台の上で必死の形相のJoanneさん。いま、まさに赤ちゃんが出てこようとしています。助産師の声に息遣いを合わせるErinさん。

0893b4b9d04085fd3251c9dacf75b5f9d3b76db8

助産師のかけ声とともに「う〜んっ」。見守る夫の握る手にも力がこもる。

Be7ed3ff6388f59de49c47f512aa764f61ecd7ee

「さあ、ママもう一息。ガンバって!」

E5ea222870e3392f785ed4933bcbad53a0ed83f7

「ハァ、ハァ、ハァ…Come Onnnn...!!」

63e0e0e95ac25d1128c2ec9ceee59fd334335122

「頭が見えてきた。さあ、いきんで!」

332f4df07de61b0eb9d9ddbdb6c8487af216d3b8

「おめでとう!よくがんばった。元気な“新刊本”よ」

…はい?

これが、「産みの苦しみ」

614483950abac81c6be8f7abf9a87c75be43d417

「……600グラム、234ページの元気な小説。ママはあなたを愛している」。

と、彼女の一連のコメントは、ここまでがフルセンテンス。2週間前、Erinさんは自著『This Is Really Happening』が上梓したよろこびを出産に喩えて表現したっていうオチ。

はい、不謹慎といえば不謹慎でしょう。でも、彼女の産みの苦しみが分からなくないのです。クリエイティブに携わる同じもの書きとして。それこそ生き血を通わせて、苦労して、そうしてつくりあげた自分の作品。

苦しみから逃げ出したら、幸せまで逃してしまうってことですよね、Erin。

00c4ef01d9ce7e0ff5393d4f246d8dcc66c008b7

ということで、ここは最後まで革新的でクリエイティブな彼女のジョークに乗っかって、こんな言葉でしめたいと思います。

Erin、よく頑張ったね。お幸せに。

Licensed material used with permission by @erin.chack
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
フランス人ビデオグラファーEloiseさんとLucさんが3分12秒に「ドロミーティの冬」をまとめてくれました。
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいまし...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...