52年ぶりに図書館へ本が返却!「遅くなってごめんなさい」

図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。

米・コネチカット州にあるハートフォード図書館にも、期限を過ぎた本が返却ボックスに入っていたそうです。それだけなら普通の出来事なのですが、問題は超過期間。その長さ、なんと52年間だったそうで。

遅くなって
本当にごめんなさい。

こちらが52年ぶりに図書館に返ってきた本。W.O.ミッチェルの「Who Has Seen the Wind」です。本来の返却期限は、1965年9月29日。

添えられていたメモ書きには、

あまりに長い間本を借りていましたが、返却します。
遅くなってごめんなさい。

署名はなく、いったい誰が本を持ってきたかは不明のようです。

ハートフォード図書館は、長い月日をこえて本が返ってきたことを喜び、Facebookに掲載。大きな話題を呼びました。

地元の
歴史コーナーで展示

話題になった本は、ハートフォード図書館内の歴史コーナーに飾られることになったそうです。ひとつの名物にまでなり、図書館に訪れる人を楽しませているようです。

期限を延滞するのは良くないことですが、返されない本もあることを考えると、50年以上遅れながらもきちんと返したこの人は賞賛されるべきなのかも!?

町の図書館で起きた、微笑ましいエピソードでした。

Licensed material used with permission by West Hartford Libraries
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
次の誰かへのバトンを保管してくれるブックシェルフは、「ストリートライブラリー」として、最近ブルガリア・ヴァルナにオープンした。黒海沿岸の街であることから、...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...