ナゾだらけ!「森の中の図書館」が話題

みんなの「人生で最も感動した本」を集めて森の中に“青空図書館”を作ろうというプロジェクトが始動した。

本の寄贈は、東京の文京区根津にある「芸術銭湯+Cafe 宮の湯」で、9月26日~10月11日まで受け付けている。

プロジェクトの関係者曰く、関東地方のとある里山に美しい森があり、森に流れる小川に沿って小道を歩くと現れるベンチで本を読んでいると、物語の世界に迷い込んでしまったのではないかと思えてくるときがあるのだという。

「この至福のひとときをたくさんの多くの人に味わってもらいたい」という想いから、当プロジェクトを立ち上げたのだとか。

図書館(図書森)の詳細は、まだ決まっていない。

本当に実現できるかどうかも確定しておらず、森の場所も伝えることができないという。

ただ、もし実現できるなら、本にまつわる体験型のアクティビティを作り、集まった本を収める本棚を設置するということは決めているとのこと。

図書森プロジェクトの進捗状況は公式WEBサイトで順次公開。

さて、あなたが人生で最も感動した本って?

芸術銭湯+Cafe 宮の湯

【営業時間】

平日 15:00~21:00(L.O. 20:00)

土日祝 12:00~18:00(L.O. 17:00)

【定休日】毎週月曜・火曜

【寄贈の方法】店先に置いてある保管ケースに本を入れる(店舗に郵便受けがないため、郵送での寄贈は受け付けていないとのこと)

【本の募集期間】9月26日(土)〜10月11日(日)

Top image: © 2020 株式会社シルク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事