こんな「寄り道図書館」が、東京にもほしい。

海外のゲストハウスやユースホステルに宿泊した時、ブックシェルフがあるとわたしは足を止め、あれこれ手に取ってしまう。どこかの国から来た、誰かの“旅のお供”という役目を終えた本たちは、リュックのなかからこの棚に移されていくのだ。

それゆえ、並んでいる本は雨に濡れてシワシワだったり、コーヒーをこぼしたシミがあって、古本屋に並んでいたとしてもクレームが来そうなレベルな時もある。それも「交換場所」にあると、“あたたかみ”に感じてしまう。

どこの国で出版されたかもわからないけれど、表紙のデザインが気に入った一冊をいただいて、代わりに『アミ小さな宇宙人』をそっと手放したりもした。日本語だし、読めるひとは限られてしまうとは思うけれど、自分の愛読書が誰かの暇つぶしになったり、新しい発見を生んだり、背中を押すような未来があればいいなと思うのだ。

だれかの愛読書で埋まる
“寄り道図書館”

次の読者へのバトンを保管してくれるブックシェルフは、「ストリートライブラリー」として、最近ブルガリア・ヴァルナにオープンした。黒海沿岸の街であることから、名物である巻貝をイメージしてこの形になったのだそう。『Rapana』という、貝の名前がつけられている。

オープンした時すでに並べられていた本は、ボランティアによって集められたもの。最大で1,500冊くらいは収納できるそうで、捨てたくはないけれど、もう読まなくなった本や、誰かに譲りたい本たちを持ち寄ることで埋まっていく仕組みだ(各地から寄付された新品のものもある)。

あくまで図書館だから盗むのはだめだけど、交換してもいいよ、という寛大さが嬉しいところ。

とくに買いたい本があったわけではないけれど、ふらっと本屋さんに入ったらつい立ち読みを始めてしまって、意外と時間が経っていたことはないだろうか。「あっ、やってしまった」と思うけれど、読み入っていた時間にそこまで罪悪感はなくて、むしろ、ちょっと満たされていたりもする。

写真のように、ポカポカ陽気のなかでそんな寄り道をしてみたい。海外からの旅人と、忙しく働いている人たちが多い東京の街に、こんな図書館があったらなぁ。欲を言えば、代々木公園のように、広くて芝生のある場所がいい。そして自分のお気に入りの本を誰かのと交換したいし、誰かのために贈りたい。

Licensed material used with permission by Рапана
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...