世界で「もっとも有名な図書館」の物語

2019年はどんな年だったのか?
きたる2020年は、どんな年になっていくのか?

“記録映画”ともいわれるドキュメンタリー映画に、時代を見ていくのはどうでしょう。2019年に公開され「なんらかの爪あとを残した」ドキュメンタリー作品を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。

今回は2作目。「民主主義」という言葉が叫ばれて久しいけれど、それは本来どんなものであるべきなんだろう? わたしたちの暮らしやすい生活に、今足りていないものはなんだろう?

すこし立ち止まって、考えを深めていきたくなるドキュメンタリー映画です。

石井 雅之(いしい まさゆき)

アップリンク渋谷・吉祥寺にて、劇場企画・構成を担当。上映作品ラインナップをセレクトするにあたってもっとも意識しているのは「多様性」があるか。遊園地のアトラクションのようにいろんな作品を上映して、お客さんと映画の “思いがけない出会い” の機会をつくる。
https://www.uplink.co.jp/

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

©2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved

「世界でもっとも有名な図書館のひとつであるニューヨーク公共図書館。そこで働く職員たちの姿を追ったドキュメンタリーです。なぜここまでの図書館になったのか、その理由が見えてくる一方で、じつは『民主主義はどうあるべきか?』という問いを強く提示している作品なんです。

本来図書館って行政が運営するものですが、ここはニューヨーク市からの助成金が半分、もう半分は市民からの寄付金によって成り立っています。つまり市民の声に耳を傾けることを重要視して、この巨大な図書館が運営されている。この部分が、上の問いを考えるにあたって大きな部分です」

©2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved

「 “公共” 図書館と名乗られているとおり、誰でも入れるパブリックなスペース。では市民がそこに求めているもの・ことは何か? 職員たちは日々議論を重ねます。寄付金があってこその場所だから、市民の生活にしっかりと寄り添い、彼らにたいして様々な提示をしつづけなければなりません。

美術品の展示をするなど美術館的な要素も持ちながら、低所得者やインターネットをつかえない人たちに向けた教室をひらいたりと、カルチャーセンター的な役割も持つ。もちろん入場や利用料は、原則無料。ただ本を貸してくれるだけではなく『あそこに行けばいろんなことを知れる』というカルチャースポットとしてこの図書館は成り立っています」

© 2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved

「図書館は市民にとってどうあるべきか?市民の寄付金の使い方を考え抜いて、還元していく。そういう意味で民主主義のあるべき姿がこの映画には詰まっていると思います。

“図書館のドキュメンタリー”とだけ聞くと地味な気がするんですけど、この作品、大ヒットしたんですよ。作品に込められているメッセージをしっかり感じとった人が多かったから、たくさんのお客さんの動員につながったのかなと思いました。民主主義の未来を『図書館』という視点から考えさせてくれるという意味で、社会に爪あとを残してくれた1本です」

 

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
アップリンクで観られます!

「見逃した映画特集 2019」概要
2019年の話題作90作品をまとめて上映!

期間:2019年12月27日〜2020年1月23日
会場:アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺
各作品の上映スケジュール、上映会場は下記をご確認ください。 https://www.uplink.co.jp/news/2019/53372

Top image: © 2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
来年1月23日までの約1ヵ月間にわたりアップリンク2館合わせて全90作品が上映予定。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
ファレル・ウィリアムスが設立したレコードレーベル兼アパレルブランド「I Am Other」と、デザインスタジオ「Pentatonic」がコラボレーション。...
アメリカの世界的バンド、ビースティ・ボーイズ。彼らの軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』が、Apple TV+にて独占配信...
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
2019年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー部門受賞作品『フリーソロ』が、9月6日に公開される。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
伊勢神宮近くにあるジュース専門店「まるごと果汁店」のストローが、7月11日からすべて土に還る「生分解性ストロー」に変更された。もともと器も果物のため「10...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
『華氏911』や『シッコ』などのドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーアがプロデューサーを務めたドキュメンタリー映画『Planet of the H...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
Netflixでおすすめ! ドラマ感覚で観られる「Netflixオリジナル作品のドキュメンタリー」を紹介。『ワイルド・ワイルド・カントリー』『ミス・アメリ...