“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターのもうひとつの顔を描いたドキュメンタリー映画『メットガラ』

NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオープニングイベントは、世界中からセレブが集う豪華なパーティーとしてスポットライトを浴びている。世界最高峰の美術館とそれをとりまく様々な人間関係…そんな舞台裏に初潜入したドキュメンタリー映画が『メットガラ ドレスをまとった美術館』だ。 

メットの理事でもある
アナ・ウィンター

A0f70080ad3a5125a2f0eba0ecb48b94be101e81

「ファッション界のアカデミー賞」とも呼ばれる『メットガラ』を主催するのは、ファッション誌US版「VOGUE」の編集長アナ・ウィンター。映画「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープが演じた敏腕編集者のモデルとして知られているが、メットの理事という顔も持つのだ。

世界中のセレブが集う
ファッション界の祭典

6b7988b59cab6e1746cb206e64c7f7e05ab0f07a

2015年5月2日、世界最高峰の美術館に再びレッドカーペットが敷き詰められた。そこには、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連であるジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスが誇るデザイナーのジャン=ポール・ゴルチェなどの招待客がゴージャスな衣装をまといフラッシュを浴びていた。しかし、華やかな祭典の裏側には、様々な苦悩と重圧が渦巻いていたー。

悪魔の素顔とは?

2f1b43971810992f0bd10cfc3e8ccdf56b8e5aa4

映画の見どころの1つは、ファッション界の女王アナ・ウィンターの素顔が垣間見れることだろう。アナの指名でカメラを持ち込むことが許されたのは、ドキュメンタリーに定評があるアンドリュー・ロッシ監督。アナの自宅や娘、イベントに向けて緊張感溢れるミーティングの現場まで踏み込んで赤裸々に記録。普段着を着て自宅でくつろぐアナの姿はとても新鮮だ。

また、メットガラの本来の目的は、メットの服飾部門の資金を集めるためなのだとか。招待客以外の座席料は、25,000ドル(約285万円)もの高額なのだが、なんと全600席が瞬時に満席になるという。VOGUEでは、あくまで商業的に立ち振る舞うアンが、メットガラでは純粋にファッションというカルチャーのために東奔西走する。その姿には泥臭い人間らしさを感じられる。

ちなみに、アンドリュー・ロッシ監督に「アナ・ウィンターはどんな方だった?」と質問をしたところ、以下のような回答を得られた。

「僕はどんな人でも、ありのままの姿を撮ることを一貫してやってきているんだ。彼女がどんな人かは、映画に全部写っているから、観てもらえればわかると思うよ」

『メットガラ ドレスをまとった美術館』
2017年4月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国ロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by メットガラ ドレスをまとった美術館
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いをできる神父のことだ。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。し...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなる。それが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。映画『ギフト 僕が君に残せるもの』は、...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...